パナソニック、住空間向けAI開発用データセットを米企業と共同公開

パナソニック、住空間向けAI開発用データセットを米企業と共同公開

  • Techable
  • 更新日:2020/10/16

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)と米国のStanford Vision & Learning Lab(以下、SVL)は、住空間向けAI開発用マルチモーダルデータセット「Home Action Genome」を構築し、研究者向けに公開した。

2社の強みを掛け合わせて生まれたデータセット

No image

「Home Action Genome」は、パナソニックのデータ計測技術とSVLのアノテーションノウハウを掛け合わせることで誕生。同データセットの構築にあたっては、住宅内における人の日常行動を模したシーンを、数種類のセンサーによって撮影・計測した。

従来の住空間向けデータセットは小規模なものが主流だったが、「Home Action Genome」は世界最大規模を実現。70の行動カテゴリーに対し、異なる人物および場所で取得した3,500のシーンが含まれる。データには、各シーンにおける人の行動内容を表すアノテーション情報も付与されているという。

「Home Action Genome」は機械学習の学習用データとしての使用に加え、住宅内の人をサポートするAI研究での活用も想定している。

行動認識アルゴリズムの開発コンペも開催

今回は、「Home Action Genome」を用いた行動認識アルゴリズムの開発コンペティション「International Challenge on Compositional and Multimodal Perception(CAMP)」も開催される。

「Home Action Genome」へのアクセスや前述のコンペティションへのエントリーは、Webサイト経由で行えるとのことだ。

PR TIMESパナソニック株式会社

(文・早川あさひ)

早川あさひ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加