【なでしこジャパン1-1カナダ|採点&寸評】MOMは同点弾で“記録達成”の岩渕!絶品アシストの長谷川も高評価

【なでしこジャパン1-1カナダ|採点&寸評】MOMは同点弾で“記録達成”の岩渕!絶品アシストの長谷川も高評価

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/07/21
No image

田中は痛恨のPK失敗も、キープ力は光っていた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

No image

チームを敗戦から救う同点を決めた岩渕。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

No image

【警告】日本=なし カナダ=ラッベ(53分) 【退場】日本=なし カナダ=なし 【MAN OF THE MATCH】岩渕真奈(日本)

[東京五輪 グループステージ第1戦]日本 1-1 カナダ/7月21日/札幌ドーム

【日本代表・総評】

重要な初戦で、注意すべき立ち上がり、最も警戒すべきシンクレアをフリーにして失点。最悪のスタートを切ると、その後もペースを握られる。前半20分過ぎあたりからポゼッションを回復したが、前線でボールが収まらず、ファイナルサードでの精度とアイデアも欠けていた。後半頭から投入された田中が直後にPKを獲得するも、痛恨の失敗。嫌なムード流れたが、エース岩渕の見事な同点弾で追いつき、強豪相手に貴重な勝点1を奪った。

【個人採点・寸評】
GK
1 池田咲紀子 5.5
好調の山下を抑えて先発出場。60分のキャッチミスからの失点はオフサイドに救われたが、その後もヒヤリとさせる場面があった。

DF
2 清水梨紗 6
精力的な攻撃参加を見せたが、最後の局面で精度を欠いたのは惜しかった。
4 熊谷紗希 6
パワーとスピードのある敵アタッカー陣に対抗。フィードも安定していた。

5 南 萌華 5.5
先制点の場面では簡単にクロスを入れさせ過ぎた。その後は奮闘を見せたが…。

17 北村菜々美 5.5
裏のスペースを使われるケースが多かった。持ち味の攻撃力も発揮できず。
MF
8 三浦成美 6

幅広く動いて、中盤で献身。2本のミドルも放ったが、ゴールに繋がらず。

7 中島依美 5.5(76分OUT)
ボールウォッチャーとなり、要警戒のシンクレアをフリーにして先制点を奪われたのは、らしくなかった。

13 塩越柚歩 5.5(62分OUT)
物怖じせず、動き自体は悪くなかったが、敵の守備網に阻まれるシーンが少なくなかった。
14 ⾧谷川唯 6.5(90分OUT)
後半開始早々に左サイドを突破してPKを誘発したパス、岩渕へのアシストは絶品だった。

FW
MAN OF THE MATCH
10 岩渕真奈 6.5
厳しいマークに遭いながら、冷静なフィニッシュで貴重な同点弾。なでしこ史上新記録の5試合連続ゴールを達成!

9 菅澤優衣香 5(HT OUT)
屈強な敵CBの前に前線でボールを収められず。前半のみで悔しい交代。
途中出場
FW
11 田中美南 5.5(HT IN)
後半頭から出場し、わずか4分でPKを奪取も痛恨の失敗。キープ力は光っていた。

MF
12 遠藤 純 5.5(62分IN)
切り札として左サイドに入り、途中から前線に上がるも、得意の左足は沈黙。

MF
6 杉田妃和 ―(76分IN)
3枚目の交代カードで中盤に投入され、アグレッシブに戦う。
MF
15 籾木結花 ―(90分IN)
終了間際にピッチに立ち、長谷川に代わって右サイドでプレー。

監督
高倉麻子 6
いきなりの先制点を追う展開となり、途中で4-2-3-1気味にしたり、ポジションチェンジをさせたり、打開を試みる。PK失敗はあったが、田中の早期投入は正解だった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【なでしこジャパンPHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加