Moto3日本FP1|佐々木歩夢、初日は3番手タイムと好調! 日本勢がトップ10以内に3人食い込む

Moto3日本FP1|佐々木歩夢、初日は3番手タイムと好調! 日本勢がトップ10以内に3人食い込む

  • motorsport.com 日本版
  • 更新日:2022/09/23
No image

モビリティリゾートもてぎでMotoGP第16戦日本GPのMoto3クラスのフリー走行1回目が行なわれた。トップタイムを記録したのは、ディオゴ・モレイラ(MT Helmets - MSI)だった。

3年ぶりの開催となった今年の日本GPだが、輸送トラブルなど不測の事態への対策から通常のレースウィークのスケジュールから一部変更が行なわれた。その結果、初日の走行はFP1のみとなっている。

Moto3クラスには佐々木歩夢(Sterilgarda Husqvarna Max)、鈴木竜生(Leopard Racing)、山中琉聖(MT Helmets - MSI)、鳥羽海渡(CIP Green Power)、古里太陽(Honda Team Asia)の5名がレギュラー参戦。更に今回は、負傷中のアルベルト・スッラ(Rivacold Snipers Team)の代役として濱田寛太が参戦している。

23日は朝から雨が降っていたものの、早い段階で降り止んだこともあり、FP1はドライコンディションで行なうことができた。

注目の日本勢だが、前戦アラゴンGPでも2位表彰台を獲得している佐々木が序盤から2番手タイムをマーク。さらにその後は山中が佐々木を超えるタイムを記録して2番手とする。鈴木もトップ10以内に入っており、日本勢は好調なスタートとなっていた。

一方で心配なのは2日目の天候だ。FP2までの総合タイムで予選Q1とQ2の組分けが行なわれるが、FP2の行なわれる時間帯が雨予報となっている。

そのためか、ライダー達は積極的なアタックを見せており、タイムシートの動きも激しかった。

終盤のアタックに入った佐々木は1分57秒493をマークして、残り2分でトップタイムを更新。更に鈴木も1分57秒610をマークして2番手タイムとなり、日本勢がワンツー体制を築いた。

これ以上のタイム更新はないかと思われたが、最後のアタックでモレイラが1分57秒252をマークしてトップタイムを更新。これがFP1最速となった。

2番手タイムとなったのはデニス・フォッジア(Leopard Racing)。そして佐々木が3番手タイムとなった。一時は2番手となっていた鈴木は、最後のタイム更新の波に飲まれ、6番手でFP1を終えた。

他日本勢は、山中が10番手タイム、鳥羽が12番手、古里が20番手、濱田が28番手となっている。なお古里はFP1序盤にターン5で転倒を喫してしまっている。

前述の通り日本GP2日目は雨の予報。そのためFP1で下位に沈んでしまった古里などは、雨の降らない可能性を祈ることになりそうだ。

Motorsport Network.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加