マッチの不倫騒動に触れても微妙なコメントになりそうな東山紀之...自身も不倫報道の過去

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2020/11/22

12日発売の「週刊文春」(文藝春秋)の不倫報道を受け、無期限の芸能活動自粛が発表された歌手の近藤真彦だが、かなりのダメージを受けることになってしまった。

まず、近藤がオーナー兼監督を務めるレーシングチーム「KONDO RACING」が17日、近藤がチーム監督としてのレースへの参加を見合わせることを公式サイトで発表。各スポーツ紙によると、出演していた、フジ・コーポレーションのタイヤ&ホイール専門店「フジ」のCMは、17日をもって契約終了。

同社は、「損害賠償などを含めた今後のことは弁護士に相談しています」と明かし、同レーシングチームのスポンサーも撤退したという。

さらに、パーソナリティーをつとめていた2本のラジオ番組はそれぞれ差し替えとなった。

「ジャニーズの幹部としても“苦渋の決断”で処分を下したはずだが、まさかここまでのダメージを受けることになるとは思わなかっただろう。芸能活動よりも、レースはマッチにとってのライフワーク。今回、レース参加見合わせとなったのが一番大きなダメージだったのでは」(芸能記者)

ジャニーズが処分を下したおかげでテレビ各局の情報番組もようやくこの話題を扱うことになったが、注目されるのは今後、放送される情報番組でのジャニーズタレントたちのこの件に関するコメントだろう。中でも毎週日曜の早朝に放送されている、テレビ朝日系『サンデーLIVE!!』でキャスターをつとめる少年隊・東山紀之のコメントが注目されるというのだ。

「マッチの話題をスルーすれば炎上するのは必至。とはいえ、東山は14年4月に元巨乳グラドルとの不倫を報じられ、否定したものの謝罪コメントを出した“前科”があるので微妙なコメントになりそうだ」(テレビ局関係者)

22日の同番組の放送から目が離せない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加