買いやすい5GスマホはXiaomi、OPPOほか中国メーカー製ばかり!?スマホメーカー勢力争いの行方

買いやすい5GスマホはXiaomi、OPPOほか中国メーカー製ばかり!?スマホメーカー勢力争いの行方

  • @DIME
  • 更新日:2020/07/24
No image

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回は世界で日本で売れまくっている、中国メーカーのスマホについて議論します。

No image

※新型コロナウイルス対策を行っております

Xiaomi、OPPOの攻勢が激しい

房野氏:日本では買いやすい5Gスマホが中国メーカー製品ばかりになっています。中国メーカーの現在の状況はどうですか?

No image

房野氏

石川氏:ファーウェイが端末にGoogle Playを導入できず厳しい状況になっている中、Xiaomi、OPPOの鼻息は荒くなっていますね。

No image

石川氏

石野氏:めっちゃ荒くなっていますね。ここぞとばかりに端末の発表をぶつけてきましたし。

No image

石野氏

石川氏:メディアに対しても端末をバンバン貸し出している。そういうところからも、このタイミングでファーウェイのシェアを奪い取ろうという意気込みを感じます。日本メーカーも本当に危うい。値段的に5Gスマホは中国製が中心になるだろうと思います。

石野氏:Xiaomiは本当に安くてびっくりしました。PRのやり方はどうかと思ったんですけど、「Redmi Note 9S」は安い。あのスペックでこの値段かと。

No image

Redmi Note 9S

法林氏:発表会の前にキーパーソンのインタビューが掲載された。それから正式発表。

No image

法林氏

房野氏:本来の発表と順番が逆でしたよね。

法林氏:各メディアが記事を書くために端末がいつ来るかをメーカーに問い合わせたら、当初のスケジュールとはいかなかったみたいなんですよ。日中間の輸送のやり取りが遅れていたらしく。製品自体は、突っ込みどころはあるけれど、そこそこまとまっていて、かつ値段が安い。

房野氏:チップはクアルコムのSnapdragonでしたっけ。

石野氏:700番台ですね。

法林氏:まぁまぁ良くできている。ハイエンドの「Mi Note 10」はいいスマートフォンでしたし、ミドルレンジの「Mi Note 10 Lite」も良くできていて、ちょうどよい機能バランスをうまく突いてきている。OPPOの「Reno3 A」はおサイフケータイや防水防塵といった日本仕様を搭載していて、今回は楽天モバイル限定仕様のモデルはないので、SIMフリー端末を買ってOK。

No image

Mi Note 10

No image

Mi Note 10 lite

No image

Reno3 A

石野氏:今回、Y!mobileとUQ mobileに初めて、Renoシリーズがラインアップに加わった。OPPOがうまいのは、Xiaomiの端末より絶対額は高いけど、おサイフケータイや防水といった日本仕様で付加価値を付けて、うまくまとめてきていること。

法林氏:UQ mobileはOPPOのおサイフケータイ1号機を採用していますから。

石川氏:中国メーカーがこの先勢力を伸ばしていくと、日本メーカーは大変でしょうね。シャープがOPPOに特許侵害で訴訟を起こしていますが、これから中国メーカーはそういった脅威にさらされる可能性もある。

房野氏:XiaomiとOPPOは日本メーカーから部材を調達していないんですか?

石川氏:調達はしていますよ。しているけど、製品を組み立てる際での特許もあるので。

法林氏:Xiaomiは以前、特許がらみで色々いわれていた時代があった。それがクリアになって、普通に日本でビジネスができる環境を整えて参入してきた。OPPOは、今まであまり意識されていなかったメーカーだったけど、調べてみると「あれ? これって……」みたいな部分がたくさんあるようです。

シャープは、今まで特許がらみで訴訟を起こすことは少なかったけど、どうやら「さすがにこれはマズくないですか、ちゃんとしましょう」という話をOPPOに打診したら、話し合いのテーブルに着くそぶりもなかったようで、それなら、きっちり話をつけましょうということで訴訟を起こした。

石野氏:最近、シャープはOPPO以外でもアグレッシブですよね。

法林氏:知財に関して今までは、結構緩かったと思います。姿勢を変えてきたのはまぁ、鴻海という後ろ盾があるからかもしれない。

房野氏:IGZO液晶ディスプレイって、シャープの自社開発ですよね?

法林氏:いや、違う。IGZOという透明な酸化物半導体を精製したのは、確か東京工業大学で、特許は国立科学技術振興機構が持っている。これを実用化して、液晶パネルに使えるように共同で開発したのがシャープと半導体エネルギー研究所ですね。あれはあれで絶対的な武器なので、これからもやっていくと思います。

日本メーカーは挽回出来ない?

房野氏:XiaomiとOPPOの世界シェアはどれくらいですか?

石野氏:Xiaomiが4位でOPPOが5位。

房野氏:ということは、LGよりずっと多いんですね。

石野氏:断然上です。LGはもう、韓国のソニーみたいなものです。シェアも低いし、部門も再編されるしで……。

石川氏:赤字、赤字の状態。

房野氏:国内メーカーの上位はどこですか? シャープなどはランキングに入ってくるでしょうか。

法林氏:グローバルのベスト10には入らない。

房野氏:そうなんですか……ソニーも?

石野氏:ソニーはもう全然。

法林氏:下手したらシャープの方が多いんじゃないですか。シャープはアジア圏に少し出しているし、ヨーロッパでも2年くらい前から販売している。アメリカで京セラが販売している台数に比べてどうかな。京セラは高耐久性スマホを作っていて、これは絶対に買ってもらえる業界があるし、このジャンルではあまり競合がいない。ほかはキャタピラーのブランドを使った端末くらい。

石野氏:先日の決算発表でも分かりますが、ソニーはすごく台数が少なくてびっくりしたくらい。数百万台くらいで、これしか売れていないの? ってレベルまで台数が落ちている。もちろん、あえて絞ったところもあるけど。台数でいうと、グローバルで日本メーカーの存在感はないです。

法林氏:ただ、グローバルで台数を作っているから偉いかというのは結構微妙な話。今、ノキアやモトローラはどうなんだって話になる。

石野氏:ソニーは2019年に390万台しか売れていないですね。

石川氏:ほぼ日本での販売台数なんじゃないかな。

石野氏:ほぼ日本ですね。

法林氏:アジアからも結構撤退しちゃったからね。

石野氏:台湾と香港が残っているくらい。

法林氏:それもちょっと残念だね。

石野氏:ほとんどが日本で、香港や台湾、ヨーロッパでは多少見かける程度。そういうレベルじゃないですか。

房野氏:中国での販売実績を除いたグローバルのシェアをカウントできるとしたら、どうなりますか? それでも4位、5位にXiaomiやOPPOが来ますか?

法林氏:XiaomiとOPPOは中国本土より、たぶんグローバルの方が伸びている。中国本土は完全にファーウェイ対iPhoneの構図になっている。

房野氏:インドは?

石野氏:インドはXiaomiの販売力が強くて、サムスンもがんばっている。一方でインドは、地場メーカーもいます。おすいう地場のメーカーがいる国や地域がある中で、日本は特に地場メーカーが強い市場ではあります。

法林氏:世界シェアの話はよく出るんですけど、モノを作ったら世界中で売れると思うのは大きな間違い。現地に販路やサポートの仕組みを作らなくちゃいけない。そんな簡単な話ではない。

石川氏:そこが重要ですね。

法林氏:それを構築できるかどうかがすべて。

石野氏:ちなみに、Xperia全体で1-3月の販売合計は40万台です。

法林氏:「AQUOS sense」は年間100万台超で、今回の「AQUOS sense3」は従来モデル以上に売れているみたいなので、3か月で40万台だと、AQUOS senseシリーズの『総計』の方が多いと思います。

石野氏:少ないと思いますよ。

法林氏:ソニーの理想は分かるし、カメラを作っていることも分かる。でも、いろんなものを捨てていっていいのか。「POBox」とか(「Xperia 1 II」などにソニー独自の日本語変換システムPOBoxは搭載されていない)。

石野氏:「アルバム」もなくなりましたね。

法林氏:そう。どんどんいろんなものを捨てていっている。アルバムについては、Googleが「Googleフォトを使え」と相当圧力をかけていて、シャープも同様。でも、ソニーはやめなくても良かったんじゃないのって感じた。

石野氏:独自のカレンダーも入っていないし。

石川氏:あの辺はGoogleの意向ですよね。

石野氏:でも、ほかのメーカーは結構逆らっているじゃないですか。

法林氏:ファーウェイ然り、OPPO然り、Xiaomi然り、みんなアルバムアプリは自前のアプリを搭載している。それはなぜかというと、例えばOPPOだと、AndroidベースのColorOSという言い方をしている。「独自OSだから載らないんですよね」ということになっている。

石野氏:それと、中国で端末を売るにはGoogle Playを導入できないので、別にアプリを作っておかなくてはいけない。だったら海外向け端末にも載せちゃおうってことだと思うんですけど、韓国メーカーもほぼ自社でカスタマイズしているんですよ。つまりGoogleの意向を突っぱねるだけの力が、日本メーカーになくなっているってことですよね。

石川氏:オリジナルで作るだけ儲かっていない。ペイしないってことですよね。

法林氏:そうなんだけど、Xperiaに関していうと、カメラにこれだけ工数とお金をかけているなら、もうちょっとそっちにもって思うわけですよ。

石野氏:本当にそれは思います。コストダウンしているところが、まざまざと分かってしまうものを11万円で買うというのが、ちょっと悲しい感じがします。

法林氏:「Xperia 10 II」も同じ方向で、いろんなものがない。Xperiaならではのソフトウェアも含めて、カメラに対してはすごくお金をかけているし、ハードウェアもすごく良いものを作っているけれど、別にカメラがほしいわけではないんですよ。スマホの基本的な使い勝手を考えると、POBoxとかアルバムアプリとかを続けられなかったことは、ちょっと痛い気がする。

No image

Xperia 10 II

石野氏:「Xperia 1 II」を2、3日使ってみると、ソニーのカメラが付いた「Pixel」みたいな感じ(笑)。それくらいUIもすごくPixelライクになっちゃっている。

No image

Xperia 1 II

No image

Google Pixel 4

房野氏:新社長に代わった効果は感じられないですか?

石野氏:いや……要するに、そこにリソースをかけられないってことだと思います。

石川氏:余裕がないってことですよ。事業を存続させようと思ったら、コストなどをどんどん切っていかないことには、Xperiaはヤバいところに来ている。

法林氏:モバイル全体の事業を考えると、ソニーは下のラインをうまく作れなかった。去年は「Xperia 8」でチャレンジしたり、今年は日本でもXperia 10 IIを導入したりして挽回しようとしているけど。その点、京セラはシニア向けや高耐久性の端末を作り、シャープはAQUOS senseで下のラインを強くしたし、富士通もなんだかんだいいながらジャパネットたかたのおかげで生き残っている(笑)。

No image

Xperia 8

石野氏:まだ発表はされていないけど、認証情報から富士通は楽天モバイルにも5G端末を供給すると見られています。Band1に対応していない端末ってことで、ネットがざわついていました。

法林氏:端末購入補助の話にからむけど、スマートフォンで、もっとも使う機能としては、Twitter、Facebook、Instagramとブラウザ、Suicaで電車に乗るということくらいで、そのためにiPhoneのように20万円に届くような端末を買うのか、みたいな状況を考えると、OPPOの4万円の端末で十分じゃない? って話になってくる。できることと値段のバランスが、今、問われている。ソニーは十数万円の端末を作っていて、確かにおサイフケータイが使えるし、防水だし、カメラはすごいんだけど、スマホとしての基本的な使い勝手で何かすごく進化したかというと、そうでもない。シャープもちょっと危ういと思っている。カメラでスローモーションが撮れないとかね。

石野氏:シャープは意外とカメラ機能が弱い……。

法林氏:カメラ機能の省き方が、結構強烈だよね。バサバサ落とす。

石野氏:全然載っていない。

法林氏:商品企画の担当者が相当気にしているみたいなので、次は何かしてくるんじゃないかな。

石川氏:あと、液晶がツラくなってきたなという気がする。

石野氏:重さと厚さと。

石川氏:有機ELディスプレイの端末を何台か使っていて、そこに「AQUOS R5G」があると、ちょっと暗く感じるんですよね。

No image

AQUOS R5G

石野氏:それはiPhoneでも同じです。液晶の「iPhone 11」を使っているとき、ほかの人が有機ELの「iPhone 11 Pro」を使っているのを見ると、やっぱりあっちを買っておけば良かったかなって思う。画面から伝わってくるんですよね。

No image

iPhone 11

No image

iPhone 11 Pro

石川氏:有機ELに慣れてしまった感じがある。

法林氏:そこはあるよね。Galaxyを使っていると、特にそう思う。

ファーウェイの今後はどうなる?

石野氏:今回、ファーウェイが「P40 Pro 5G」「P40 lite 5G」「P40 lite E」と3機種も出したのが、思い切ったというか、全部がHMS(HUAWEI Mobile Service)で、ミドルレンジ端末もHMS対応になった。

僕は5Gに対応しているP40 lite 5Gを購入したんですが、これがすごいのは、カメラのセンサーサイズが1/1.7インチと大きいこと。11万円の端末と同じサイズのセンサー。これでGoogleのサービスを使えたらバカ売れだなって。

No image

P40 Pro 5G

No image

P40 lite 5G

No image

P40 lite E

石川氏:センサーサイズが大きくても、撮った写真をどうすればいいのかという問題がある。どうやってクラウドストレージにアップするのか。

石野氏:例えば、Googleフォトにそのまま上げられない。

法林氏:そこはですね……僕はファーウェイ端末の命運を握っているのはMicrosoftだと思います。ファーウェイの端末にはOfficeが入っているし、検索エンジンにBingを選べるし。次はたぶん、Outlook.comのアプリを入れてくるような気がする。

房野氏:マップ機能はどうなるでしょうか。

法林氏:今は「ナビタイム」を使える。でも、地図はいわれるほど難しくなくて、Appleも「ゼンリンに切られたら最後だ」みたいな話もあったけれど、自前の地図をなんとかし始めている。インクリメントPとか、ヤフーは「アトラス」という地図を作っていたアルプス社を買収して自社内に持っている。地図は意外にあるんです。「Google マップ」は最強なんだけど、そこ以外でも意外になんとかなる。

石野氏:地図はなんとかなるんですけど、それ以外のアプリが全然ない。

法林氏:例えば、コロナウイルスに感染した人と接触したら通知が来る「接触確認アプリ」。ああいうものが出たときに、配信がGoogle PlayかApp Storeに限られちゃうとダウンロードできないわけですよ。かといって、厚生労働省が配信サービスをやるかといったら、それはない。HMS搭載端末のユーザーはどうやってアプリを入手するのか、使えないじゃんってことになりかねない。接触確認アプリは公的サービスに近いものじゃないですか。そういう面だけで考えると、今後はファーウェイの端末をメイン端末として使うのが難しくなる。

石野氏:公的サービスに近いところだと、銀行系のアプリがない。ワンタイムパスワードが発行できないのでネットバンクがかなり使いづらくなる。

房野氏:ファーウェイについてはアメリカの規制が厳しくなっていますよね。

石野氏:現状はなんとか、売れるかどうかは別として、端末を出せているんですけど、アメリカの規制が厳しくなって、台湾の「TSMC」という、実際にチップを作っている会社に発注できなくなってしまった。TSMCは現在、7nmの微細な製造プロセスのチップの製造では、もっとも製造能力を持っているところで、AppleのAシリーズのチップやクアルコムのSnapdragonを作っています。ファーウェイもそこに発注して「Kirin」というチップを作っているんです。TSMCは台湾系で、アメリカがストップをかける権限は本来ないんですけど、圧力をかけられてアメリカに追従することになり、結局、ファーウェイはTSMCに発注できなくなってしまった。サムスンにも製造を打診したけど断られたそうです。

法林氏:生産をするための機械に、アメリカの技術が使われているものは規制対象になるという表現なんですよ。どんな製造装置も、どこかしらにどこかの国のパテントが入っている。例えば日本メーカーが作っているロボットだとしても、アメリカの技術ライセンスを受けて出しているものもある。また、例えば、工程でも、ここは日本製だけど、ここはアメリカ製ということもある。

CPUが生産できないということは、半導体も生産できないってことになる。各国の技術が混ざった状態で作られているような半導体の生産はCPUだけじゃなくて、メモリなどの生産にも関係あるんです。各社はメモリをたくさん作っている。作っている機械にアメリカの技術が使われていると、その製品をファーウェイに納入できないということになる。

石野氏:割合があるんですけど、それを厳しくした。

法林氏:今はCPUの話だけど、下手するとほかのものも全部ダメってことになりかねない。TSMCは代わりにアメリカで工場を作りますって話になって、それは良かったですけど、今までファーウェイにたくさん卸していたSKハイニックスやサムスンの生産が半減してしまうかもしれない。また、スマホカメラのCMOSは、半導体と同じ仕組みで作っている。

石野氏:ソニーも大打撃ですよ。

法林氏:規制の対象になると、そういうことになってしまう。ましてやソニーのイメージセンサーはファーウェイとはかなり密にやっているはずなので。

石野氏:納入量だけならAppleを超えてるんじゃないかな。

石川氏:ただ、ファーウェイに部品が売れなくなっても、OPPOとXiaomiがいるので、そっちに売ればいいですよね。

法林氏:台数的には、さすがにまだファーウェイに達していないんじゃないかな。

石川氏:でも、世界で売れるトータルの台数は変わらない。ファーウェイのスマホがなくなったら、どこかのメーカーの端末が売れるようになる。部品メーカーはそこにちゃんと納入さえすればいい。そりゃ納入するのが中国メーカーとかに限られちゃうと、ソニーとしては納入先を失うかもしれませんが、そこをうまくなんとかすればいいかなと。

石野氏:部品メーカーは売り先を変えればなんとかなるけど、ファーウェイは厳しいですよね。このままだとスマホを作れなくなっちゃうかもしれない。

石川氏:そうなると、日本ユーザーにとっては、安くていい端末の選択肢がなくなってしまうことになる。それは総務省が狙っていたこととは違うんじゃないかと。総務省は端末も安くしたいという考えがあったので、安くていい端末の選択肢がなくなると、日本のユーザーは不利益を被ることになる。これは指摘しておくべきこと。

法林氏:「P30 lite」などGoogleのサービス使えるGMS対応ファーウェイ端末は、じりじり値段が上がってきている。ファーウェイはファーウェイで、去年出した「nova lite 3」のストレージを128GBに増やした「nova lite 3+」を出している。

No image

P30 lite

No image

nova lite 3+

石野氏:nova lite 3+はカメラの位置も変わっています。

法林氏:つまりバリエーションとして出す。なんとかGMSに対応する端末を維持しようとしている感じもする。

石野氏:あれでGoogleがOKを出したってことは、なんだかんだGoogleもファーウェイに売ってほしいと思っているはず。

法林氏:思うに、ドコモオンラインショップでもまだ売られているけど、「P30 Pro」のドコモ向けに出した端末を、ドコモのロゴを剥がして同じ仕様のままSIMフリー端末として売ったら、結構売れるんじゃないかな。ドコモが許可してあげればいいのにって思う。

No image

P30 Pro

......続く!

次回は、格安スマホの料金について話し合う予定です。ご期待ください。

No image

法林岳之(ほうりん・ たかゆき)

Web媒体や雑誌などを中心に、スマートフォンや携帯電話、パソコンなど、デジタル関連製品のレビュー記事、ビギナー向けの解説記事などを執筆。解説書などの著書も多数。携帯業界のご意見番。

No image

石川 温(いしかわ・つつむ)

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、2003年に独立。国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップルなども取材。NHK Eテレ「趣味どきっ! はじめてのスマホ」で講師役で出演。メルマガ「スマホで業界新聞(月額540円)」を発行中。

No image

石野純也(いしの・じゅんや)

慶應義塾大学卒業後、宝島社に入社。独立後はケータイジャーナリスト/ライターとして幅広い媒体で活躍。『ケータイチルドレン』(ソフトバンク新書)、『1時間でわかるらくらくホン』(毎日新聞社)など著書多数。

No image

房野麻子(ふさの・あさこ)

出版社にて携帯電話雑誌の編集に携わった後、2002年からフリーランスライターとして独立。携帯業界で数少ない女性ライターとして、女性目線のモバイル端末紹介を中心に、雑誌やWeb媒体で執筆活動を行う。

構成/中馬幹弘

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加