7000円台で買える「GUのスーツ」着こなしの注意点をプロが解説

7000円台で買える「GUのスーツ」着こなしの注意点をプロが解説

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2020/09/15

―[ファストファッション、全部買ってみた]―

ファッションYoutuberのまとめです。普段はアパレル会社を経営するかたわら、ユーチューブやSNSなどを通じて、ファッションに関する役立つ情報を発信しています。

No image

◆最高コストパフォーマンスのGUセットアップをレビュー

今回は超話題の「GUで買えるコストパフォーマンスが最高なセットアップ」を2型紹介します。

ひとつはビジネスウェアとしても使えるようなON用のセットアップと、もう一つはカジュアル向けのOFF用セットアップ。セットアップは上下で揃える必要があるので、手頃な価格帯のブランドでも2万~3万円ほどになってしまうものが多いです。

その点、今回紹介するGUのセットアップであればコストパフォーマンス抜群。ジャケットとスラックスをセットで買っても余裕で1万円を切る価格で買えてしまうので、お金をかけずにセットアップがほしい方はぜひ参考にしてください。

今回、紹介するアイテムはこちらです。

テーラードジャケットCL/テーパードトラウザーCL

カットソージャケットCL+E/カットソーテーパードトラウザーCL+E

◆ビジネスシーンでも着用できるデザイン

No image

テーラードジャケットCL

まず、紹介するのはテーラードジャケットCLとテーパードトラウザーCLのセットアップ。こちらのセットアップはビジネスシーンでも着用できる仕様になっています。

最初にジャケットとスラックスのデザインを紹介します。ジャケットは一般的なビジネス用のジャケットと同じディテールで、たとえばポケットは蓋付きの「フラップポケット」。ほかにも袖口の「開き見せ」という仕様は、袖口のボタンがフェイク(飾り)になり、ボタンがついてはいますがボタンを外して開けることはできないという作りです。

本格的なスーツだと「本切羽」というボタンを開けることができる仕様のものもありますが、一般的にはこの「開き見せ」なっているジャケットのほうが多いです。

ジャケットのウエスト部分が絞られているのもビジネスライク。ウエスト部分が絞られ、体のラインをきれいに見せてくれる仕様はビジネススーツによく用いられるディテールのひとつです。スーツは基本的にできるだけ細身に見せるように作られていますが、カジュアル用として作られているものはウエストの絞りがなく、やや緩めのシルエットのものが多い傾向があります。

襟部分のゴージラインの位置も特徴的。テーラードジャケットの襟は2つのパーツに分かれていて、上の部分をカラー、下の部分をラペルと呼びます。このカラーとラペルのつなぎ目をゴージラインといい、この位置が高めになっているのもビジネススーツの特徴的なディテールになっています。

◆スラックスもオーソドックスな仕様に

No image

テーパードトラウザーCL

スラックスのデザインを見ていくと、非常にシンプルでビジネス用のスラックスと同じようなディテールになっています。ウエストのサイドポケットは「スラッシュポケット」、後ろポケットは「玉縁ポケット」、ウエストにはベルトループがあり、ベルトを通して着用することができる仕様と一般的なスラックスのデザインです。

また、スラックス特有の「センタークリース」という縦の折り目もつけられています。このようにスラックスらしいディテールはひと通り、取り入れられている使い勝手のいいオーソドックスなデザインになっています。

以上のようにデザイン面だけでもビジネス用のスーツに用いられるディテールが盛り込んであり、カジュアル用ではなく、本格的な作りになっています。

◆素材感は高級スーツさながら

No image

まるで高級ブランドのスーツのような素材感

次に素材を見ていきます。セットアップなのでジャケットとスラックスは共生地です。このセットアップ一番のポイントは素材感。この値段では考えられないほど、クオリティが高いです。素材は化学繊維ですが、一見ウールと見間違えるくらいのレベル。非常にきれいな光沢で、高級スーツさながらなクオリティだと個人的には感じています。

次にシルエット。ジャケットは前述の通り、ウエスト部分がかなり絞られています。またジャケットのシルエット自体もきれいで、アームもしっかりと細身。

量販店のスーツ屋さんだと、幅広い年代に向けてジャケットを作っているので、誰にでも合わせ易いようややゆとりのあるシルエットのものが多いものです。

◆低価格スーツでは最高級の品質

No image

コスパで考えると文句なし!

スラックスもジャケットと同じくかなり細身のシルエット。正直、スラックスのシルエットはものすごくいいというほどではありません。ただ、オススメできないほど悪くもないので、細身のスラックスを手軽に手に入れたい人にはいいアイテムでしょう。

というわけで、テーラードジャケットCL/テーパードトラウザーCLをデザイン、シルエット、素材で総合的に見ると、今買えるコストパフォーマンスのいい低価格帯のセットアップの中ではイチオシのアイテムになります。

ビジネス用のスーツがコスパよくほしいという人は、こちらをぜひ手に入れておいてください。

◆デザイン面には大きな違いなし

次に紹介するのはカットソージャケットCL+EとカットソーテーパードトラウザーCL+Eのセットアップです。

No image

カットソージャケットCL+E

まずはジャケットとスラックスのデザイン。ジャケットは前述のジャケットと同様のデザインになっています。蓋付きのフラップポケットや高めのゴージ、ウエストの絞り、開き見せ袖など基本的にデザイン面の違いはありません。

スラックスも同様です。スラッシュポケットや玉縁ポケット、センタークリースなどいわゆる一般的なスラックスの作りになっています。

No image

カットソーテーパードトラウザーCL+E

◆素材感は明らかにカジュアルシーン向け

デザインは先に紹介したセットアップと同じでしたが、素材は異なります。先述の素材より、カジュアルな表情の肉感のある素材で「綾織り」という織り方の生地になっています。綾織りは斜めに線が走り、生地に陰影ができやすいことが特徴。

斜め線と陰影によりツヤ感が強調されることで生地の表情がわかりやすくなります。先述のセットアップは街着用というよりビジネスでも使えるツルッとしたウールライクな素材でしたが、こちらは明らかにカジュアルシーン用の素材です。

No image

ほどよくカジュアルな印象の素材感

着用してみてもあまりドレスライクになりすぎず、カジュアル用で使うのであれば、こちらのほうがバランスもとりやすいです。

◆シワができにくいメリットも

次にシルエット。ジャケットはデザイン同様、先述のジャケットと同じでウエストが絞られている細身できれいなシルエットです。

一方、スラックスは素材によりシルエットが若干変わっています。たとえ寸法上は同じシルエットでも、素材がシルエットに干渉しやすい裏地のないスラックスなどはシルエットの見え方が変わってくる場合もあります。

こちらは先述のスラックスより着用時のシワが出にくくなり、きれいなシルエットになっています。基本的にスラックスはシワが出ないほうがきれいなシルエットに見えやすいものです。

No image

セットアップで使うのも悪くはないが…

このようにこちらのセットアップは素材こそカジュアルですが、デザインとシルエットはドレスライクなので、セットアップで着用するとどっちつかずな印象になっています。

そのため、こちらのジャケットとスラックスはカジュアルなシーンで単体で使うほうがオススメです。

◆セットアップは秋が特に活躍するシーズン

今回、紹介したのは

・テーラードジャケットCL/テーパードトラウザーCL

・カットソージャケットCL+E/カットソーテーパードトラウザーCL+E

「テーラードジャケットCL/テーパードトラウザーCL」は手頃にビジネス用のスーツがほしい方にオススメ。「カットソージャケットCL+E/カットソーテーパードトラウザーCL+E」はカジュアル用のジャケットとスラックスがほしい方はぜひ挑戦してみてください。

今回はGUで買えるコストパフォーマンス抜群のセットアップを紹介しました。セットアップはメンズファッションには必須ともいえるアイテム。特にこれからの季節はヘビーユース必至なので、ぜひGUでチェックしてみてください。

―[ファストファッション、全部買ってみた]―

【まとめ】

株式会社RePLAY代表取締役。ブランドやセレクトショップ、古着、ウェブメディアなどアパレルに関する多彩な事業を運営。ユーチューブ「まとめチャンネル」やブログツイッターでは、おしゃれ初心者にもわかりやすいファッション情報を配信中!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加