iPhone用の最新「iOS 14」登場、ただしパズドラやFGO等が非対応なので注意

iPhone用の最新「iOS 14」登場、ただしパズドラやFGO等が非対応なので注意

  • MdN
  • 更新日:2020/09/17
No image

新しいホーム、ウィジェット

AppleはiPhoneシリーズとiPod touch(第7世代)に対応する新しいオペレーティングシステム「iOS 14」について、通常版を一般ユーザー向けにリリースしている。

No image

ロゴ

iOS 14では再設計されたウィジェットをホーム画面に追加可能で、ウィジェットのサイズを変えたり、ホーム画面のスペースを最大限に活用したり、新デザインになった天気、時計、カレンダー、News、マップといったウィジェットを使うことができる。

また、「Appライブラリ」ではすべてのAppを自動的にカテゴリ別に整理できたり、Siriや電話とFaceTime通話の着信の「デザインがコンパクト」になったり、そのほか「メッセージ」「ミー文字」「マップ」「App Clip」「翻訳」「Siri」「検索」「ホーム」「Safari」「天気」「AirPods」「プライバシー」「Apple Arcade」「App Store」「アクセシビリティ」「CarPlay」「カメラ」「拡張現実」「FaceTime」「ファイル」「ヘルスケア」「キーボードと多言語対応」「ミュージック」「メモ」「写真」「Podcast」「リマインダー」「設定」「ショートカット」「ボイスメモ」など改良点は多岐に渡る。

No image

新しいミー文字のスタイルとステッカー

OSを新しくして便利に使えるようになるのはiPhone、iPod touch(第7世代)ユーザーにとってありがたいことだが、いくつかのアプリを使っているユーザーはiOS 14に更新しないほうが良い場合がある。

それは、アプリ側がまだiOS 14に対応しておらず、iPhoneのOSをiOS 14にアップデートしてしまうとゲームが起動できない、正常に動作しないなどの不具合が発生するというものだ。

すでに「パズル&ドラゴンズ」「モンスターストライク」「Fate/Grand Order(FGO)」「どうぶつの森 ポケットキャンプ」「PUBG MOBILE」「SHOWROOM」などは公式に不具合が生じる可能性があることを認め、対応が完了するまでiOSをアップデートしないように呼びかけている。

なお、当初不具合が生じる可能性があるとしていた「ポケモンGO」については、iOS 14への対応が完了し、アップデートしても問題なしとしている。

iOS 14
URL:https://www.apple.com/jp/ios/ios-14/
2020/09/17

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加