人気急上昇中! 男女お笑いコンビ・ニッキューナナの素顔に迫る!!

人気急上昇中! 男女お笑いコンビ・ニッキューナナの素顔に迫る!!

  • WANI BOOKS NewsCrunch
  • 更新日:2022/05/16
No image

マセキ芸能社所属のお笑いコンビ・ニッキューナナ。峯シンジさんとこっちゃん選手さんという二人からなる男女コンビです。AbemaTVの人気番組「シモネタGP2021」で準優勝という成績を残し、YouTube登録者数も20万人を越えるなど、いま大人気のニッキューナナの素顔に、ニュースクランチが迫ります!

お笑いの道に進もうと思ったワケ

――本日はよろしくお願いします。早速なのですが、お笑いの道を志したきっかけを教えてください。

峯シンジ(以下、峯) よろしくお願いします! 僕は『笑う犬』(フジテレビ系列)や『エンタの神様』(日本テレビ系列)などのお笑い番組がきっかけですね。番組を見ていて「お笑い芸人、面白いなぁ」「自分もなりたいなぁ」と思いました。

小学校4年生くらいからお笑い芸人のマネをし始めて、クラスメイトが笑っているのを見て「あれ、これ俺いける(お笑い芸人の道に)のかな?」って(笑)。

そのくらいの頃にはクラスで宣言してましたね。『10年後の自分はどうなっている?』という作文に「俺はお笑い芸人になって、エンタの神様に出る!」って書いていました。まだ出られてないんですけど、いつか出演できるよう、頑張っていきます!

No image

▲お笑いの道を志したきっかけを語ってくれた峯シンジ

――こっちゃん選手さんのきっかけは?

こっちゃん選手(以下、こっちゃん) 私はトータルテンボスさんのラジオ番組『トータルテンボスのぬきさしならナイト!』をずっと聴いていて、投稿などもしていたんです。それが「お笑いっていいなぁ」って思い始めた最初のきっかけだと思います。

「お笑い芸人になりたい!」と思ったのは、大学の落研(落語研究会)で漫才をやり始めた頃ですかね。トータルテンボスさん、チュートリアルさん、マヂカルラブリーさん……そういった方々を見て、漫才師になりたいと思いました。

あっ、あとは高校の文化祭で披露した漫才でウケたこともきっかけのひとつかも。同級生の女の子と漫才をやるとなって、私がネタを書いて全校生徒の前で披露したんです。

そうしたら、普段1mmも笑わないし、テストがめちゃくちゃ難しいことで有名な先生が、大爆笑していたのが壇上から見えたんです。私たちの出番が終わってから「すっごい面白かったよ!」って声まで掛けにきてくれて。

No image

▲高校時代のエピソードを教えてくれたこっちゃん選手

峯 こっちゃん選手、その話を聞いていると、漫才の才能すごいんじゃない?

こっちゃん 当時はね! 今はもう無理よ(笑)。

――お二人の出会いは?

峯 大学の落研ですね。僕は入った当初からプロに行くって宣言していました。1学年に2~3人くらいはプロを目指す人がいるって感じでした。こっちゃん選手は2年生で入ってきたんですよ。

こっちゃん 1年生はソフトボール部に入っていました。

峯 それで、3年生の冬くらいに「こっちゃん選手がプロを目指している」という噂が流れ始めて。あれってずっと隠していたのか、本当はやりたかったけど言い出せなかったのか、どっちだったの?

こっちゃん プロになりたいとは思っていたけど、コンビ組む人もいなかったし、内緒にしておいて養成所に入って相方を見つけようかなって考えていた……。

ちなみに、その噂の出どころは、私が飲み会で酔っぱらったときに「芸人になるぞ、おらぁー!!」って勢いで言ったのが始まりだと思います(笑)。

峯 それを聞いて「こっちゃん選手もプロ行くのか」と。僕ともう1人、プロを目指している人がいて、さらにライバルが増えるなって思った記憶があります。

女性が8人しかいなかったのに第一印象がない!?

――お互いの第一印象はどんな感じだったんですか?

峯 第一印象は……本当にないんですよ。

こっちゃん ないってひどいよね……。ないなんてことある?

峯 いや、稀よ。ここまで印象に残っていない人は! いや、本当になくて!!

こっちゃん 全然うれしくないから! あんた、気持ち悪いねぇ……。

No image

▲お互いの第一印象について語る二人

峯 同じ学部、同じ学科で男性80人、女性8人くらいしかいなくて。女性8人しかいなかったら、普通は全員の顔を覚えるじゃないですか? でも(こっちゃん選手の顔を)本当に知らなくて。

こっちゃん 言っておくけど、私、けっこう目立ってたよ?

峯 いやぁ、うーん……。

こっちゃん 私は第一印象と言っていいのかなんですけど、レポートですね。レポートが大事な授業で、友達が「賢い人のレポート借りてきた」って見せてくれたのが峯くんので。レポートに書いてある名前を見て「峯くん、ありがとう」って、顔も知らない男の子に感謝をしていました(笑)。

峯 結局、最初に会話を交わしたのは、こっちゃん選手が落研に入ったときだよね。

こっちゃん 私が落研に入ったという話を誰かから聞いた峯くんが、授業後に私のところにきて、バァン!って机をたたきながら「えっ、お前が落研に入ったやつ?」と言ってきて。それがひと言目ですよ? すごくないですか?

それで「うん、そうだよ」と答えたら、「俺は峯。2年から入るの大変だと思うけど頑張ってね!」という言葉を残して去っていきまして。

峯 ……青いね。

こっちゃん いや、青いのかなぁ!?

――峯さん、言った覚えはあるんですか?

峯 記憶にはないんですけど……僕、そういうこと言うタイプなんですよ(笑)。僕たちの代、わりとおとなしめだったんです。目立つのは僕とあと何人かくらい。

でも、あとから入ってくるこっちゃん選手と、あと面白い人が1人いて。この2人、めちゃくちゃ面白いなって思っていました。もうスターって感じでしたね。

こっちゃん そのもう1人、邪魔だなぁ(笑)!! こういう時、私だけ面白かったって言えば良くない?

峯 いや、そいつとこっちゃん選手の2人。二大巨頭として君臨していました。

――当時、お互いのネタを見た感想などは?

峯 こっちゃん選手はネタも面白いし、喋りもうまいしで、本当にすごいって思っていました。

こっちゃん 私は峯くんのことは、よくわかんなかったです。体を張っていて、破天荒、型破りというイメージはあったんですけど……。

でも、まわりは「やっぱり峯はすごいわ」「峯は天才!」という評価だったんです。そんな言葉を聞きながら「いや、私はよくわかんないけどなぁ」って思っていました。

峯 いや、僕は本当にすごかったんですよ! でも、こっちゃん選手は絶対に認めない。

こっちゃん 認めていないわけじゃなかったんだよ。ただ、先輩たちが「峯は天才だ」って持ち上げるから、「いや、あんなやつ面白くないよ」って思うようになっちゃったのかもしれません。

峯 僕はリスペクトしていたのに、こっちゃん選手は見下していたんだ……。

こっちゃん まわりが峯くんの印象を悪くしていたね。

コンビ結成の返事をしたのは、まさか!?の場所

――そんなお二人がコンビを組むことになったきっかけを教えてください。

峯 こっちゃん選手が、一回コンビを組んでネタをやってみない? って声を掛けてくれたんだったよね?

こっちゃん そうです。プロを目指すって決めてから、この先どうすればいいかということを、峯くんのことを天才と絶賛する先輩に相談したんですよ。

そうしたら「峯もプロに行くから、一緒にやってみな」とアドバイスをくださって。それで峯くんに連絡したという流れですね。大学4年生の4月だったと思います。「この1年一緒にやってみない?」って言いました。

峯 それでコンビを組んだのが始まりです。

こっちゃん いや、さらっと言ってるけど、1週間くらい返事くれなかったよね? じっくり考えたいとか言って。

やっと連絡がきたと思ったら「バイトの面接を受けたいところがあるから、下見に一緒に行ってくれない? 返事もそのときにする」っていう話で。しかも行ったらガールズバーだったよね!? あれ、どういうことだったの?

峯 バーでバイトをしたいとずっと思っていて、「ここだ!」と思って実際に行ったら、ガールズバーだったんです(笑)。お店のドアを開けたら、女の子たちが「いらっしゃいませ」と出迎えてくれて、もうあとに引けないと思って、そのまま普通に飲みに来た感じで2人で入店しました(笑)。

――峯さんは、その場でお返事されたんですか?

峯 もちろん約束でしたから、しましたよ。コンビを組もうって返事しました。

こっちゃん 私たちについてくれた女の子もまじえてね(笑)。

峯 そうだったね。ちなみに帰り際に「ボーイとか募集してますか?」って聞いたんですけど、「してない」って一蹴されてしまいました(笑)。

No image

▲コンビ結成秘話を教えてくれた二人

〇男女コンビってすごくいいかも【Crunch-special-intervieW-中編-】

お笑いコンビ・ニッキューナナが今の芸風にたどり着いたワケとは? | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)

マセキ芸能社所属の男女お笑いコンビ・ニッキューナナ。前編ではお互いの第一印象などまさか!? のエピソードを披露してくれました。インタ…

No image

全ての写真をみる(https://wanibooks-newscrunch.com/articles/photo/3130)

NewsCrunch編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加