「合コン相手の男性が『僕のジュニアが』と下ネタトーク。酔った私は勘違いして...『その子のお名前は?』」【忘れられないお酒の失敗談】

「合コン相手の男性が『僕のジュニアが』と下ネタトーク。酔った私は勘違いして...『その子のお名前は?』」【忘れられないお酒の失敗談】

  • Jタウンネット
  • 更新日:2021/06/11

新型コロナウイルスの影響で、飲み会ができない昨今。つい1年ほど前までは、週末ともなれば繁華街は人でごった返し、酒飲みたちが夜遅くまでワイワイガヤガヤしていた。

あの頃を、思い返して見てほしい。

楽しいこともあれば、飲みすぎて「やらかした...」なんてこともあっただろう。

男性陣に「下ネタ好きの女」という強烈な印象を与えてしまいました――。

神奈川県在住のH美さん(仮名、30代女性)から、そんな「お酒の失敗談」がJタウンネット宛にメールで寄せられた。

これから紹介するのは、彼女が20歳だった時のエピソード。初めて参加した合コンに舞い上がり、いつもよりたくさんのお酒をグビグビ。もうベロンベロンだったという。

そんな時、参加者のある男性が、

「僕のジュニアが~」

と話し出した。

泥酔していたH美さんは、それが「下ネタ」だと理解できず......「爆弾発言」を連発してしまった。

「見たい!写真あります?是非見せて?」

No image

お酒の失敗談...(画像はイメージ)

穴があったら入りたい...。私の恥ずかしいお酒の失敗談です。

20歳で初めて参加した合コンで、私は舞い上がって、お酒をいつもより多く飲んでしまいました。そして泥酔......。

周りもみんな酔っ払っていたと思います。

すると、男性陣のうちの一人が、酔った勢いで

「僕のジュニアが~」

と下ネタを言い出しました。

そこで、私はやらかしてしまいました。

お酒で思考停止していた私は、その下ネタが理解出来ず、

「ジュニアは子ども」

と勘違いしました。その思考のまま男性に向かって、

「ジュニア君?お子さん、いるんですか?」「おいくつ?」「お名前は?」「見たい!写真あります?是非見せて?」

と爆弾発言を連発...。周りの人達、ドン引きでした...。

酔いが冷め、下ネタだったことを理解出来た頃には時既に遅し!

男性陣に「下ネタ好きの女」という強烈な印象を与えてしまった、最悪な飲み会になってしまいました。

ちなみにその後、お酒を自制するようになったのは、言うまでもありません。

初めての合コンは散々でしたが、今となっては懐かしい思い出です。

あなたの「お酒の失敗談」募集します

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、あなたや知人がやってしまった「お酒の失敗談」、住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加