渋野日向子は2アンダー発進 誕生日のソフト上野由岐子にエール

渋野日向子は2アンダー発進 誕生日のソフト上野由岐子にエール

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/22
No image

大東建託いい部屋ネットレディース 13番 ティーショットを放つ渋野日向子(撮影・黒川智章)

<国内女子ゴルフツアー:大東建託いい部屋ネット・レディース>◇第1日◇22日◇北海道・滝の(6578ヤード、パー72)◇賞金総額1億2000万円(優勝賞金2160万円)◇有観客開催

渋野日向子(22=サントリー)は3バーディー、1ボギーの70で回り、2アンダーで終了時点で12位につけた。前半は13番パー4で、第2打をピン手前4・5メートルにつけバーディー。35で折り返した。後半は4番パー5で2つ目のバーディー。5番パー4で唯一のボギーをたたくも、続く6番パー3で第1打をピンから2メートルにつけ3個目のバーディー。予選落ちした前週のGMO&サマンサ・カップでのパッティングの不調を修正し、手堅いゴルフを展開した。

「13番でしっかり決めることができて、危なげない感じでパーパットも打つことができた。今日みたいな安定したゴルフができていれば、予選のカットラインあたりで戦うことも少なくなってくるし、1打1打をしっかり考えて打つこともできる。これが明日以降もできれば上位にいけるし、結果もついてくる」と手応えを口にした。

応援するソフトボールの日本代表は、渋野がプレスルームに入ったところで、2-1とメキシコに勝ち越し歓声を上げた。「今ちょうどやっている。これから応援します。昨日のみなさんの勝利があったからこそ、私も今日頑張れた。みなさんのように楽しんでできたら」と話した。

39歳の誕生日のこの日も先発したあこがれの上野由岐子に「お誕生日おめでとうございます。上野さんのようになれるように頑張ります」とエールを送った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加