西武・ブランドンが対外試合1号「真芯ではなかった」も左翼芝生席に着弾

西武・ブランドンが対外試合1号「真芯ではなかった」も左翼芝生席に着弾

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/24

◇宮崎ベースボールゲームズ ソフトバンク―西武

No image

<ソ・西>2回無死一塁、2ランを放ったブランドンはナインの出迎えを受ける(撮影・岡田 丈靖)

「8番・三塁」で先発出場した西武のドラフト6位、タイシンガー・ブランドン大河内野手(22)が、対外試合チーム1号を放った。

2回、先頭のドラフト4位・若林(駒大)が左前打で出塁すると、杉山の146キロ直球を一閃。「ちょっと詰まりましたね…。真芯ではなかったと思います」と振り返ったが、左翼芝生席に着弾し「あの場面は真っすぐにタイミングを合わせて打席に立ちました。良いバッティングができたと思います」と興奮した様子で話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加