2連覇達成の四天王寺・横井咲桜/大藤沙月ペア「一番練習してきた」<卓球・インターハイ>

2連覇達成の四天王寺・横井咲桜/大藤沙月ペア「一番練習してきた」<卓球・インターハイ>

  • Rallys(ラリーズ)
  • 更新日:2022/08/06
No image

<第91回全国高等学校卓球選手権大会 日程:7月29日~8月3日 場所:宇和島市総合体育館(愛媛県)>

6日、第91回全国高等学校卓球選手権大会(以下、インターハイ)は大会8日目を迎え、女子ダブルスで横井咲桜/大藤沙月(四天王寺)ペアが優勝を飾り、インターハイ女子ダブルス2連覇を達成した。

試合後、横井/大藤ペアが報道陣の質問に答えた。

横井咲桜/大藤沙月コメント

決勝を振り返って

大藤:1番練習をしてきた相手だったので準備は万全だったんですけど、試合になると練習してきたようなプレーができなくて、対応が大変でした。

横井:2ゲーム目があまり良くない展開で取られてしまって、「練習してきたけどそんなにうまくいかないんだ」と思いました。

2ゲーム目と同じ回りになる4ゲーム目はどう対応したか

横井:大藤さんが少し攻めていって、その次のボールを自分が狙いにいきました。

小林選手のサーブを取りづらそうにしていたが

横井:わからなかったです。思ったよりも回転がかかっていました。

文:ラリーズ編集部

ラリーズ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加