楽天がまたしても「ブラック・フライデー」の呪縛を解けず...金曜日は12連敗で3位転落

楽天がまたしても「ブラック・フライデー」の呪縛を解けず...金曜日は12連敗で3位転落

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/06

◇パ・リーグ ソフトバンク7―3楽天(2022年8月5日 ペイペイD)

No image

<ソ・楽>5回途中降板した滝中はベンチで扇風機に当たりながら肩を落とす(撮影・岡田 丈靖)

楽天は5日、敵地でソフトバンクに敗れ、3位に転落した。

先発・滝中が精細を欠いた。「慎重になりすぎて空回りしてしまいました」と振り返るように立ち上がりから制球が不安定で、初回に2安打3四球でいきなり2失点。2回以降は無失点に抑えていたものの、1点ビハインドの5回につかまった。先頭・柳田は左前打、続くデスパイネに右越え2ランを被弾。中村晃にも右越えソロを浴びたことろで交代を告げられた。

4回0/3を9安打5失点でKOされ「立て直したかったけど、一番やってはいけないところで失投になってしまった。イニングを投げることができず申し訳ない」と悔しがった。

打線は島内が3回に右越えソロを放ち、7回にも右翼に2ランを放って気を吐いた。ただ、計10安打を放ちながら好機を得点に結びつけられない場面が目立った。チームの連勝は2でストップ。これで金曜日の試合は5月13日12連敗となり、またしても「ブラック・フライデー」の呪縛は解けなかった。

以下、試合後の真喜志監督代行の一問一答。

――滝中がリズムに乗れなかった。

「ストライクを取るのに四苦八苦していた。(5回は)デスパイネに逆球を打たれてしまった」

――本人は慎重になり過ぎたと振り返る。

「それもあってコントロールできなかったのかなとは思いますけど」

――打線は10安打で3得点。

「島内の2本のホームランの得点だけに終わりましたけど、チャンスはつくれた。継続するのは難しい。取れるときに取れないと厳しくなる。切り替えてやっていきます」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加