北海道は総雨量100mm超の大雨のおそれ 本州日本海側も強雨に

北海道は総雨量100mm超の大雨のおそれ 本州日本海側も強雨に

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2022/06/23
No image

2022/06/23 17:05 ウェザーニュース

明日24日(金)は低気圧が発達しながら通過する影響で、北海道は局地的に激しい雨の降る予想となっています。総雨量が100mmを超えるおそれがあり、警戒が必要です。

北海道道南は朝から土砂降りに

北海道の道南は明日の朝から活発な雨雲がかかるため、1時間に30mmを超えるような激しい雨の降る所がある見込みです。低気圧の東進に伴って午後にかけては道央や道東でも雨が強まり、前線が通過する東北北部でも強雨が予想されています。

激しい雨の時間はそれほど長くは続かないものの、総雨量は多い所で100mmを超える予想です。大雨により道路冠水や河川・用水路の増水、土砂災害などのおそれがありますので、警戒をしてください。

西日本から東北も局地的に雨が強まる

No image

24日(金)夕方の雨雲の予想

低気圧から伸びる前線が日本海を南下するため、東北から九州にかけては日本海側を中心に雨の降る所が多くなります。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、局地的には雨雲が発達する見込みです。

前線から少し離れた九州南部や四国、近畿などでも大気の状態が不安定になって、雨雲が発達しやすくなります。天気が急変し、雷を伴った強い雨の降ることがありますので、空の変化に注意が必要です。

また、低気圧が発達するため全国の広い範囲で南西の風が強まり、沿岸部や海峡などでは瞬間的に風速25m/s前後の暴風が予想されます。移動の予定がある方は気象情報に加え、鉄道などの運行情報もご確認ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加