小泉アパレル「エレメントオブシンプルライフ」 収益改善進み攻勢へ

  • 繊研plus
  • 更新日:2021/11/25

小泉アパレルは20年10月にレナウンから事業を譲り受けた「エレメントオブシンプルライフ」の運営で、収益性の改善が進んだことを受け、本格的に成長戦略に入る。

(津田茂樹)

エレメントオブシンプルライフは480拠点を譲受時に146拠点とするなど、店舗数を3割、売上高を4割程度に縮小した形で小泉アパレルの運営となった。引き継ぎ時には在庫が2割程度しかなく、品揃えの正常化が急務だった。生産体制を同社に合わせる形で組み直して21年9月に正常化が完了。売り上げは19年比の90%まで回復している。とくにレディスは同社の生産MDが生かされる形で短期生産が可能となり、プロパー販売率が向上し、在庫は19年比の約75%まで減らして稼働している。メンズに課題は残るものの、ブランド全体で収益性の高い事業となった。

同じく譲り受けたECサイト「Rオンライン」もエレメントオブシンプルライフの品揃えが進み、レナウン破綻前の90%まで売り上げが回復。今期売上高目標も倍増に上方修正した。さらに拡大する施策として、EC専用レーベル「ファインデーション・シュート・バイシンプルライフ」を22年秋に立ち上げる。ライフスタイル提案型の総合アパレルとしてサイトの新コンテンツを加えて増収と新規会員拡大を狙う。

基幹ブランドの「シンプルライフ」は現在休止状態だが、ライフスタイル提案型としてリブランディングし、近く概要を発表する予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加