10月の立入調査で“松本元死刑囚の写真”...オウム後継団体『山田らの集団』監視継続の方針を確認

10月の立入調査で“松本元死刑囚の写真”...オウム後継団体『山田らの集団』監視継続の方針を確認

  • 石川テレビ
  • 更新日:2021/11/25
No image

オウム真理教の後継団体「山田らの集団」について関係機関が話し合う対策会議が開かれ、引き続き監視を続けていく方針を確認しました。

オウム真理教の後継団体「山田らの集団」は金沢市昌永町に拠点を置き、現在も活動を続けています。

金沢市役所で開かれた対策会議では、地元住民や公安調査庁などおよそ20人が参加し、拠点の内部についての情報共有や今後の対策について協議しました。

10月の立ち入り調査では松本智津夫元死刑囚の写真などが見つかっています。

地元住民でつくる金沢オウム対策協議会は、事件を知らない若い人をターゲットにした勧誘が目立っていると指摘しています。

畠善昭さん:

「過去にこんな(事件を)やった団体だからいつなにが起きるかわからないということ、絶対に風化させないと取り組んでいる」

対策会議では今後も地元住民による週3回の監視を継続していくことを確認しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加