『アクアマン』続編が撮了!監督が笑顔のスリーショットで報告

『アクアマン』続編が撮了!監督が笑顔のスリーショットで報告

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2022/01/14
No image

満面の笑み! パトリック・ウィルソン、ジェイソン・モモア、ジェームズ・ワン監督(ワン監督Instagramのスクリーンショット)

DCヒーロー映画『アクアマン』の続編『アクアマン・アンド・ザ・ロスト・キングダム(原題) / Aquaman and the Lost Kingdom』の撮影が終了したことを、現地時間12日、メガホンを取るジェームズ・ワン監督がInstagramで報告した。

アクアマン役のジェイソン・モモアと、オーム役のパトリック・ウィルソンとのスリーショットをアップしたワン監督は、「ついに、ついに、『アクアマン2』の本当の最終日を、マリブで迎えることができました」と報告。満面の笑みを浮かべるパトリックの手には、水が流れるシャワーヘッドが握られており「そう、この映画で僕らは本当にずぶ濡れなんだ」と付け加える。

2018年に公開された『アクアマン』は、海底王国アトランティスの末裔にして、海の生物と意思を通わせるヒーローを描いた大ヒットアクション。ヒットメーカーとして多忙な日々をすごしながら、コロナ禍における撮影を乗り切ったワン監督は「疲れを知らず、懸命にこの映画に取り組んでくれた素晴らしいスタッフに心から感謝しています。特に、撮影の95%を占めたイギリス、仕事をする幸運に恵まれた最高の職人と工たち、そして、ハワイとロサンゼルスの素晴らしいチームに最大級の賛辞を贈ります」と感謝している。

『アクアマン・アンド・ザ・ロスト・キングダム(原題)』は12月16日に全米公開予定。これから、完成に向けたポストプロダクション作業が控えているようで、ワン監督は「完成まではまだまだ長い道のりですが、この映画を早く皆さんにお見せしたいです」とつづっている。

同作では、モモアとパトリックのほか、メラ役のアンバー・ハード、ネレウス王役のドルフ・ラングレン、ブラックマンタ役のヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世、トム・カリー役のテムエラ・モリソンらが続投する。(編集部・入倉功一)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加