乗り味は?航続距離は?話題の電気自動車「Honda e」の気になる中身

乗り味は?航続距離は?話題の電気自動車「Honda e」の気になる中身

  • @DIME
  • 更新日:2020/11/21
No image

ホンダが発売した話題の電気自動車「Honda e」。いったいどんなクルマなのか?試乗インプレッションを@DIMEからピックアップした。

都市型コミューターとして登場した「Honda e」

かわいらしい見た目とのギャップに大興奮!驚異の小回り性能でクイックな走りが楽しめる「Honda e」

いよいよ10月30日(金)より発売される、ホンダ初となる電気自動車(EV)の『Honda e(ホンダ イー)』。その人気は凄まじく、すでに第一期分の販売予定台数に達したため、現在の注文は一時停止(執筆時)となっている。 先日、そんなホンダが提案する都市型コミューター『Honda e』に試乗する機会を得たのだが、実際に乗ると“都市型コミューター”なんて言葉から想像するような、ヤワなクルマではなかった。

【参考】https://dime.jp/genre/1015332/

RRの究極の乗り味に大満足!「Honda e」は上品な都市型スーパーハッチだった

No image

いよいよ10月30日(金)より発売される、ホンダ初となる電気自動車(EV)の『Honda e(ホンダ イー)』。その人気は凄まじく、すでに第一期分の販売予定台数に達したため、現在の注文は一時停止(執筆時)となっている。 先日、そんなホンダが提案する都市型コミューター『Honda e』に試乗する機会を得たのだが、実際に乗ると“都市型コミューター”なんて言葉から想像するような、ヤワなクルマではなかった。

【参考】https://dime.jp/genre/1014918/

驚きがたくさん詰まったホンダの都市型コミューター「Honda e」に乗ってわかったこと

No image

2020年10月30日の発売を待たずに、第一期分の販売台数を売り切ってしまい(今後、第二期販売として同じく数百台規模の販売を予定)、現時点で第一期の注文を一時停止している、話題のホンダ初の量産ピュアEV、RRレイアウトのホンダeに、横浜周辺の市街地、首都高で試乗してきた。

【参考】https://dime.jp/genre/1001742/

カッコいいというより楽しい!ホンダ初の量産ピュアEV「Honda e」に搭載された驚きの先進テクノロジー

No image

いよいよホンダ初となる量産ピュアEVのホンダeが登場した。しかし、その走行性能やパッケージングを報告する前に、ぜひとも紹介したいのが、ホンダeに満載された先進のテクノロジー、機能、装備である。 ホンダeはズバリ、都市型コミューターとして開発された、全長3895mm、全幅1750mmのコンパクトなピュアEVだが、そのエクステリアを象徴するのが、キュートな前後丸目のライトに加え、サイドカメラミラーシステムの”可愛い”突起ではないだろうか。

【参考】https://dime.jp/genre/1000669/

いよいよ発売!5つのスクリーンが配置されたワイドビジョンインパネが近未来的なホンダの電気自動車「Honda e」

No image

ホンダは、新型電気自動車(EV)「Honda e(ホンダ イー)」を10月30日(金)に発売する。 ホンダが提案する都市型コミューター「Honda e」は、これまでのクルマにはない魅力を追求すると共に、EVの本質を見つめ、柔軟な発想で、未来を見据えてつくりあげたモビリティだ。 新しい時代になじむシンプルでモダンなデザインと、力強くクリーンな走りや取り回しの良さ、そして多彩な先進機能を搭載した「Honda e」。 移動と暮らしをシームレスに繋げる生活のパートナーとなることを目指したという。

【参考】https://dime.jp/genre/976666/

文/DIME編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加