【サッカー日本代表ワールドカップ最終予選】「決勝点を生んだ吉田麻也の意識」「詰めていた古橋亨梧と伊東純也」【オーストラリア戦の激論】(2)

【サッカー日本代表ワールドカップ最終予選】「決勝点を生んだ吉田麻也の意識」「詰めていた古橋亨梧と伊東純也」【オーストラリア戦の激論】(2)

  • サッカー批評Web
  • 更新日:2021/10/15
No image

浅野拓磨のシュートは最後はオウンゴールとなったが、さまざまな選手の執念が生んだものだった 写真:原悦生(SONY α9Ⅱ使用)

サッカー日本代表は10月12日、埼玉スタジアムでオーストラリア代表とワールドカップ最終予選を戦い、2-1で勝利した。
すでに監督交代の可能性もささやかれる窮地にいただけに、大きな1勝だった。このゲームの意味、そして今後の展望を、取材歴50年を超える大住良之、後藤健生という2人のベテランサッカージャーナリストが深夜に、深く熱く、語り合った。

――日本の1点目同様、決勝点も運を感じさせるものでした。

関連:【サッカー日本代表ワールドカップ最終予選】「田中碧と一緒に守田英正を先発させた理由」「気になる南野拓実と大迫勇也の調子」【オーストラリア戦の激論】(3)

大住「浅野拓磨のシュートは、オーストラリアの20番(トレント・セインズベリー)の足に当たっているんだよね。それでふわっと上がったボールをGKが止めきれず、ポストに当たって帰ってきたところに16番(アジズ・ベヒッチ)がクリアしようとして左足を振ったら、オウンゴールになってしまった」

後藤「ベヒッチにとっては、悲劇の一日だったね。イエローカードももらったし」

大住「でも、古橋亨梧伊東純也が詰めていたから、相手が触らなくても入っていたでしょう。あそこに行っていることが大事。1点目もほんの少し足先に触れてのパスの変化が点につながっているから、本当にサッカーって紙一重の差のスポーツだなと思うね」

後藤「試合展開と全然関係のない小さなことで点が入ったり、逆に入らないで勝負が決まっちゃう。非常に不条理極まりない」

大住「サッカーは一番、そういう不確定要素が多いゲームだよね。でも、ほんの少し足に当たったボールがどこに飛ぶかというのも、最終的には意思の力だと思う」

■浅野のシュートに力があったからこそ…

後藤「あそこに日本の選手が詰めていなかったら、ベヒッチも落ち着いてクリアできたはず。でも、古橋と伊東の2人が殺到していたから、相手が早くしようと焦ってオウンゴールになったんだよね」

大住「浅野のシュートに力がなければ、対峙したセインズベリーに跳ね返されて、ゴールラインを割っていたかもしれない」

後藤「すべてちゃんとやった上で、最後に運も絡んだ、というゴールだったね。完全なる運だけで入ったゴールではない。足の速い浅野があそこにいることを意識して、吉田麻也がスペースにロングボールを蹴ったわけだからね」

大住「そうだね。その時もオフサイドポジションにいる古橋がけん制していて、吉田もそれを分かった上で浅野に蹴っているからね。オーストラリアからしてみれば、セインズベリーは浅野にもっと強くいっても、十分にカバーはいたはず。それなのに見てしまったのが、もしかしたら悔やまれる点かもしれないね。もう1歩か2歩踏み込んでいたら、浅野は抜こうとして引っかかるか、後ろを向いてサポートを待つことを選んでいただろうね」

■チームの一番良い頃の80%にまで戻った

――先制点の場面での絡みなど、名前が出てくるのは前回いなかった選手たちでした。そうした選手たちが、違いを生む要素となったんでしょうか。

大住「そうは思わないけど」

後藤「いや、伊東純也はまさにそうでしょう」

大住「新しく出てきた選手が活躍したのは確かなんだけど、ポゼッションからビルドアップへのタイミングなど、チーム全体がすごく良くなったと思う。そういう部分が良かったから、サイドでスピード感のある突破が何回も出るようになった。だから、一番良い頃の80%くらいまでの力に戻ったかなという感じかな、と思ったんだよね」

後藤「会見で森保一監督も言っていたけど、2連戦の初戦を、2回とも負けた。でも、毎回そうなるのには理由があるんだよね。集合して最初の試合はコンディションも悪いままで苦労するけど、1試合やって全員ですり合わせをして、2試合目で良くなる。こういう流れは、今後も続くだろうね、それを必ず意識しながら見ないといけないでしょう」

大住「9月の試合からサウジアラビア戦まで、『上がって下がって、また上がる』というのではなく、上がってきたところから中国戦、サウジ戦と、さらに上がっていったからね」

後藤「9月はコンディションなど、あらゆる面で悪条件が重なった。今回は集合が中東で、ヨーロッパの選手にとっては前回よりも移動距離が短かった。チームでトレーニングする時間も、前回より1日くらい多かったでしょ。だから、こうなるのは最初から分かっていたことだよ。いくらコンディションが悪くても、オマーンにならば勝てるかなと思っていたのは甘かったけど。オーストラリア戦は涼しい場所できたしね」

いま一番読まれている記事を読む

大住良之

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加