強硬派イスラム教指導者の葬儀に30万人超、パキスタン

強硬派イスラム教指導者の葬儀に30万人超、パキスタン

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/11/22
No image

パキスタン・ラホールで、イスラム教指導者のハディム・フセイン・リズビ師の葬儀に参列する人々(2020年11月21日撮影)。

【AFP=時事】パキスタン・ラホールで21日、強硬路線のイスラム教指導者、ハディム・フセイン・リズビ師の葬儀が執り行われ、大勢の人がマスクを着けず参列した。リズビ師は長年にわたり同国の宗教的少数派を脅かし、暴動を扇動したり、イスラム教への冒涜(ぼうとく)行為と闘うとして欧州諸国の破壊を提唱したりしてきた。

警察はAFPに対し、葬儀に約30万人が参列したと明かした。だが主催者は、参列者はこれよりはるかに多いとしている。

長年車椅子生活をしていたリズビ師は、高熱と呼吸困難を患い、19日に54歳で死去した。死因は公表されておらず、新型コロナウイルスの検査や検視も行われていない。

パキスタン軍はリズビ師を「偉大な学識者」と称賛し、同国のイムラン・カーン首相もすぐに哀悼の意を表した。いずれも、リズビ師の運動の影響力を警戒しているとみられる。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加