森七菜、イメージ「裏切りたい」女優としての向上心

森七菜、イメージ「裏切りたい」女優としての向上心

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/02/21
No image

森七菜

夢だったという連続テレビ小説への出演、さらには連続ドラマ初主演と激動の2020年、大きく飛躍した若手女優として真っ先に名前が挙がるであろう森七菜。そんな彼女が、公開中の映画『ライアー×ライアー』で、松村北斗SixTONES)と共に実写映画初主演を飾り、理想の女優に向け、さらなる一歩を踏み出す。

人気漫画の実写映画化でヒロインを務めるという、多くの若手女優が通る道。森自身「ライアー×ライアー」という漫画は実写化の話がある前から愛読していた作品で、しかもヒロインである高槻湊というキャラクターの大胆かつ可愛らしい感情表現豊かな部分に強い憧れを抱いていた。

原作をこよなく愛しているが故に「演じる責任は痛感していました」とプレッシャーを感じる部分もあったというが、逆に「映画らしい部分を出して、ファンの皆さんがより作品を好きになってもらえるようになれば」と意欲満々で撮影に臨んだ。

だからこそ、積極的に自身のアイデアを監督に伝えたという。「わたしが好きな湊の仕草など、原作がより魅力的になるかもしれないと感じたことは、色々挑戦してみました」といたずらっぽい笑顔を見せる。

No image

森七菜 - (C) 2021『ライアー×ライアー』製作委員会

一方で、森がやりたいことが“エゴ”になってしまうと作品が崩れてしまうことも理解している。「思い切っていろいろなことにチャレンジしましたが、自我が強くなりすぎてしまってはダメだなというのは常に意識していました」と客観的な視線も持ち合わせている。

「自我を出す」ことの大切さを感じている一方、常に自分のやりたいと思う芝居をしてしまうと「なにをやっても同じ人になってしまう」という危険性も感じている。森にとって作品ごとに新しいイメージを見せ、いい意味で視聴者の「期待を裏切る」ことが、いま一番大切にしていることだという。

「作品を観ていただいたとき、『あの役、森七菜ちゃんがやっていたんだ』と思ってもらいたいんです。例えば『この恋あたためますか』が放送されていたときは、街でも『樹木ちゃん』と声を掛けていただけるなど、自分が思っていた以上に反響が大きかったんです。すごくありがたいことなのですが、そんな樹木ちゃんのイメージをガラリと裏切りたいなと思っているんです」と笑う。

その意味では、本作では地味な湊と、金髪ギャルの“みな”という真逆なキャラクターを演じ分け、また新たな一面を見せている。

映画、ドラマ、歌に声優と、さまざまな表現力を駆使し、高い評価を受けている森だが、お芝居の現場は「まだまだ苦しいことが多いんです」と苦笑い。「やっぱり自分の演技が気になることが多くて……。でも、この仕事は、そんな自分にも向き合わないといけない。しっかりと役を自分に浸透させていく作業は『生きているな~』って実感できるので、より多くそういった瞬間を感じられるように、自分を奮い立たせています」

芝居と向き合う日々は、ある意味で苦悩の連続かもしれない。しかし「(出身地の)大分にいた中高生のときは焼肉にハマっていたのですが、いまお寿司が大好きで」と満面の笑みを浮かべると「なんかお寿司を食べると、大人になった感覚になるし、すごく元気が出るんです。お仕事頑張ったご褒美として、たくさん食べられるようになりたいです」と19歳らしいあどけない表情を見せていた。(取材・文・撮影:磯部正和)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加