只見町長選、新人の渡部氏が現職を破り初当選

只見町長選、新人の渡部氏が現職を破り初当選

  • 政治山
  • 更新日:2020/11/23
No image

※写真はイメージです

任期満了に伴う只見町長選(福島県)は22日投開票され、無所属新人で元町職員の渡部勇夫氏(64)が1264票(得票率39%)を獲得し、再選を目指した無所属現職の菅家三雄氏(74)、無所属新人で元町議の目黒仁也氏(61)を破って初当選しました。任期は12月16日から4年間です。

只見町長選挙(2020年11月22日投票)投開票結果

当日有権者数は3653人。投票率は選挙戦となった前々回(2012年)を3.9ポイント下回る89.19%でした。

只見町は、2015(平成27)年の国勢調査によると、総人口は4470人で、人口増減率がマイナス9.37%、平均年齢は56.14歳で全国1626位、県内48位です。総務省の「地方財政状況調査」(2018年)では、予算規模は歳入が62億4314万円、歳出が58億5926万円です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加