ヤクルト内川が移籍後初安打初打点「ほっとした」

ヤクルト内川が移籍後初安打初打点「ほっとした」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/23
No image

ヤクルト対巨人 1回裏ヤクルト2死一、二塁、中前同点適時打を放つ内川(撮影・河田真司)

<練習試合:ヤクルト5-10巨人>◇23日◇ANA BALLPARK浦添

ヤクルト内川聖一内野手(38)が、打線の新しい核となる。1点を追う1回2死から、山田、村上の連打。2死一、二塁とし、巨人ドラフト1位平内の151キロの直球を中前にはじき返した。この一打が、移籍後初安打初打点。「ほっとした部分は正直あります」と胸をなで下ろした。

初実戦から2試合続けて5番で出場。「青木さんがいて(山田)哲人がいてムネ(村上)がいて、その後のバッターの重要性をすごく感じた」。新外国人選手の来日が不透明な中、5番を誰が担うか。打順は試行錯誤中だが、その不安を晴らした。ベンチからは「ウッチー!」と祝福。「いい意味で後輩からかわいがってもらっている。やっぱりチームが喜んでくれるのはうれしい」と笑った。

キャンプ中は青木から体の使い方を聞く場面も。常に向上心を持ち続け、現役最多2171安打を積み重ねた。新入団の今季は勝利につながる打撃で、チームやファンを喜ばせていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加