光海君を支えた「あまりに利口であまりに政治的だった悪女」は誰だったのか

光海君を支えた「あまりに利口であまりに政治的だった悪女」は誰だったのか

  • 韓ドラ時代劇.com
  • 更新日:2022/08/06

朝鮮王朝には王宮の裏で暗躍した悪女が多くいて、時代劇でも悪女がよく登場してストーリーを大きく動かす存在になっていた。その中で、最も政治的にうまく立ち回った利口な悪女と言われているのが、金介屎(キム・ゲシ)であった。

【写真】演技力抜群の俳優が勢ぞろい!『ポッサム』を彩る俳優たちに注目

彼女は、14代王・宣祖(ソンジョ)のそばにいた女官だった。とても頭脳明晰で、宣祖がとても気に入って能力を高く買っていた。

この金介屎は、宣祖の後継者争いが起こったときに光海君(クァンヘグン)を支持するようになった。光海君は兄の臨海君(イメグン)と王位を激しく争ったが、最終的には世子に指名された。その際にも、金介屎の大きな働きがあったと言われている。

1606年、宣祖の正室が永昌大君(ヨンチャンデグン)を出産した。宣祖はやはり正室から生まれた息子のほうを重んじようという気持ちが強くなり、側室から生まれた光海君から永昌大君に世子を変えようとした。その最中の1608年に宣祖は急死してしまい、わずか2歳だった永昌大君が王になるのは不可能となり、光海君が無事に王になることができた。

しかし、兄の臨海君、弟の永昌大君の両方の勢力が、即位したばかりの光海君から王位を奪おうと暗躍し始めた。

No image

『ポッサム~愛と運命を盗んだ男~』ではソン・ソンミが金介屎を演じていた(写真= © 2021 MBN. All Rights Reserved)

無惨な死を遂げた悪女

それを察知した金介屎は、政治的に裏で動き始めて、1609年に臨海君を殺し、1614年に永昌大君を殺害するに至った。

このように、金介屎は光海君の王位が安定するように、対抗勢力を排除するために全力を尽くした。その際は表に出せない話もたくさんあり、彼女は「恐ろしい悪女」として周囲から恐れられるようになった。

実際、金介屎は貧しい家の出身で身分は低かったが、身につけた政治力によって高官たちを自由に操って、光海君の王位を安定させていった。

しかし、光海君が1623年にクーデターで王位を追われた瞬間に、金介屎の政治力も終焉を迎えた。彼女は悪事の数々によって多くの人に恨まれており、最期は斬首になって無惨な死を遂げることになってしまった。

文=康 熙奉(カン・ヒボン)

韓ドラ時代劇.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加