2階級制覇の小笠原瑛作が東京ドーム進出を目標に掲げる【KNOCK OUT】

2階級制覇の小笠原瑛作が東京ドーム進出を目標に掲げる【KNOCK OUT】

  • TOKYO HEADLINE
  • 更新日:2022/09/24
No image

「KNOCK OUT 2022 vol.5」(9月23日、東京・後楽園ホール)のダブルメインイベント第1試合で行われた「第2代KNOCK OUT-REDフェザー級王座決定戦」で小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)がTAKERU(GET OVER)にTKO勝ちを収め、スーパー・バンタム級に続き2階級制覇に成功した。

今回の王座決定戦は初代王者の安本晴翔の王座返上に伴い行われたもの。小笠原はカード発表会見で「本来ならこれを持っていた奴と戦ってと思っていたが、いなくなってしまったものは仕方がない。改めてこのベルトを持ってKNOCK OUTの強さや価値を上げていきたい」とエースとして王座奪取を自らに課していた。

1R、小笠原は開始から前蹴り、右ロー、左ロー、右インローと仕掛けていく。TAKERUは右ハイ、右ボディー、右フックで反撃。しかし終盤、小笠原は左ローを連打。TAKERUは右足が流れ始める。

No image

2R、小笠原はパンチの連打から左ロー。明らかに右足を効かされたTAKERUの動きがガクンと落ちる。TAKERUは右フックで反撃も小笠原はもらわない。コーナーに追い詰めてパンチと左ローを連打し最後は右フックでダウンを奪う。立ち上がったTAKERUは組み付いてパンチを放つが、小笠原もパンチで応戦。最後は右のショートフックでTAKERUがダウン。レフェリーが試合を止め小笠原がTKO勝ちを収めた。

小笠原は「半年ぶりにKNOCK OUTにエース小笠原瑛作が帰ってきました。格闘技界、天心vs武尊を東京ドームでやりましたけれど、このKNOCK OUTも僕が引っ張って、そういう舞台に持っていきたいと思います。会場にいる皆さん、僕とKNOCK OUTについてきてください」と東京ドーム進出を目標に掲げた。

「KNOCK OUT 2022 vol.5」(9月23日、東京・後楽園ホール)◆ダブルメインイベント第2試合(第8試合)初代KNOCK OUT-BLACKウェルター級王座決定戦 KNOCK OUT-BLACKウェルター級 3分3R・延長1R○良太郎(池袋BLUE DOG GYM/team AKATSUKI)(判定2-0=29-29、29-28、30-29)渡部太基(TEPPEN GYM)●◆ダブルメインイベント第1試合(第7試合)第2代KNOCK OUT-REDフェザー級王座決定戦 KNOCK OUT-REDフェザー級 3分5R・延長1R○小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)(2R58秒、KO)TAKERU(GET OVER)●◆セミファイナル(第6試合)スーパーファイト KNOCK OUT-BLACKフェザー級 3分3R・延長1R○龍聖(フリー)(1R1分6秒、KO)小笠原裕典(クロスポイント吉祥寺)●◆第5試合 第2代KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級王座決定トーナメント・準決勝 KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級 3分3R・延長1R○壱・センチャイジム(センチャイムエタイジム)(判定3-0=30-28、30-28、30-27)大野貴志(士道館新座ジム)●◆第4試合 第2代KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級王座決定トーナメント・準決勝 KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級 3分3R・延長1R○森岡悠樹(北流会君津ジム)(2R1分38秒、KO)炎出丸(クロスポイント吉祥寺)●◆第3試合 KNOCK OUT-BLACKライト級 3分3R・延長1R●般若HASHIMOTO(クロスポイント吉祥寺)(判定0-2=28-30、29-29、28-29)庄司啓馬(TEAM TEPPEN)○◆第2試合 KNOCK OUT-BLACKスーパーフェザー級級 3分3R●向井貫太(WRS フェアテックス三ノ輪)(3R1分、TKO)久井大夢(TEAN TAIMU)○◆第1試合 KNOCK OUT-BLACKフェザー級 3分3R●前田翔太(WSRフェアテックス三ノ輪)(1R2分43秒、TKO)古木誠也(G1 TEAM TAKAGI)○

hmotoyoshi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加