足袋職人がつくった福助の国産「布製マスク」 しわになりにくく、つけ心地もよし

足袋職人がつくった福助の国産「布製マスク」 しわになりにくく、つけ心地もよし

  • 東京バーゲンマニア
  • 更新日:2020/05/28

レッグ・インナーウエアの福助は、同社の国内工場の製造技術を活かし、日本製にこだわった、さまざまなタイプのマスクを展開するプロジェクトをスタートし、第1弾としてストッキングの素材と編み機を使用したマスクを2020年5月25日に発売しました。
2020年6月2日の15時からは第2弾として、福助の足袋工場で製造した「足袋職人がつくったマスク」が販売されます。
無地と福助柄の2種類を用意
第2弾となる「布

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加