東出昌大インタビュー 極端にお金を使わない山生活「お財布どこにいったか分からなくて」

東出昌大インタビュー 極端にお金を使わない山生活「お財布どこにいったか分からなくて」

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/11/25
No image

2022年春から関東近郊の山で暮らしている俳優の東出昌大(34)にABEMAエンタメが独自インタビュー。山での自給自足生活と俳優業の両立について明かした。

【映像】インタビューに答える東出昌大

ーー猟師と俳優業の仕事の割合は?

「やっぱり役者業は結構忙しいので、3週間京都に行きっぱなしとか、ひと月拘束とかざらにあるので、意外に山にこもりっぱなしという感じではないです。お仕事をいただいて東京に来ることもあるので、『東出お前、なんで山にいねぇんだよ』とか言わないでください(笑)。全然東京とかも歩いているので」

ーー山での暮らしを始めた経緯は?

「今は地方からも通えるので、だから東京にいる事も別にないかなと思っていたら、地方で活躍なさっている猟師さんと知り合う機会があって、『こっちから通えばいいじゃん』って言われて、『なるほど、そうだな』と。今はちょっと奥まったところに住んでいるっていう感じです」

2017年に出版した写真集の撮影にあたり狩猟免許と猟銃の所持資格を取得したという東出。それを活かし、山では自給自足の生活を営んでいるという。

ーー山での暮らしはどうですか?

「楽しいことがいっぱいです。今は庭に銀杏が落ちている季節なので、それを水洗いして火で炒って塩炒り銀杏を作ったり、あとキノコがそこら中に生えているので『これ食べられるかな』と思いながら採って、師匠のところへ行って『これ食べられますか?』って。『いやぁわかんねえよ食ってみろ。明日生きていたら俺食うから』って言われて。『じゃあ辞めておきます』なんて言いながら(笑)。そんな生活しています。極端にお金がかからないです。この3日間お財布使っていなくて、お財布どこにいったか分からなくて、今日東京来るのに免許証が必要でお財布探したんですけれど…。何かいろんなものを拾って食べています」

No image

都会の喧騒を離れ半年以上。人気俳優の山小屋暮らしを聞きつけ、たびたび記者が取材に訪れるという。世間の関心に東出さんが思うこととは。

ーー注目の目を向けている人たちに言いたいことは?

「そっとしておいてください。(週刊誌に)地元の女性猟師さんと歩いているところを撮られたんです。でも女性猟師さんですよ。一緒に山に行っている時。山で密会みたいな記事。でもその女性猟師さんの彼氏さん知っているのに、直撃を受けて。『もうそんなんじゃなくて、普通に正規で取材してください、だったら普通にお答えするので』って言って。そしたら編集部に掛け合って正規で取材してくださるっていうので、(生活を)見せたいってわけじゃないけれど、ここまで来たなら何かと思いながら一緒にお風呂入って飯食って、酒飲んで、いろんな週刊誌の記者さんの話とかカメラマンの話を聞いたり。こっちも『そうなんですね』とか言いながら写真撮ってもらって。そしたら、後日連絡来て『取材料を振り込みます』って言うから『あざ~っす!』って(笑)。だから、表に広めたいとか知ってほしいとかいうことは、今の生活にないです。聞かれたら答える範囲で答えます」

ーー世間の反応に苦悩などはありましたか?

「インタビューとかで、『その一言』を抜かれて見出しになると、もうそれを鬼の首取ったように喜んで叩く人たちがいるんです。それくらいみんな忙しいと思うんです。深く知ろうとしない。それに、それくらいみんな暇だと思うんです。でも、何を言われても、何書かれても、近しい人たちとの真実っていうのは、別に揺らぐわけではないし。書かれていたり、噂されている文字に殺されるとかを気にして、実生活が…っていう方が、よっぽどバカバカしいので、もう今後は何を言われようと大丈夫かなと思います」

No image

東出は山での狩猟生活を行いながら、フリーで俳優活動も継続。12月9日に公開される新作映画『天上の花』では主演を務めた。

『天上の花』は、戦時中という激動の時代を生きた詩人・三好達治を描いた物語。三好は、師匠・萩原朔太郎の妹・慶子を16年4カ月愛し続けた末に結ばれるも暴力をふるい傷つける。そんな苦悩を抱える主人公を演じた東出は三好を通じて「愛」について考えたという。

ーー三好達治とはどういう役柄ですか?

「僕は演じている時は『一生懸命慶子のことを愛しているんだ。でも何でわかってくれないんだ!』とか『俺は愛しているに決まっている!』とか、いろいろ思っていたんですけれども、朔太郎さんのお孫さんの萩原朔実さんと詩人の生き方について話をしていたら、『詩人という人間が人を好きになり得るはずがない』っておっしゃっていて。『なるほど、深いことをおっしゃるな』と思いました。言葉というのを目的にしながら生きているのが詩人であると。だからある意味では誰も到達したことのない芸術点に到達しようと言葉を目的にして操っている人たちの生き方っていうのは、もう本当にどんなものを作ってもパイオニアにならねばならないし。それに取りつかれた方が女性を愛せるのかとか、はたまたっていうような話もしたりしていて。何ですかね、愛って…」

撮影では、女性を傷付ける役を演じる中で、東出が自身を傷付けるシーンもあったという。

ーー撮影中のエピソードを教えてください。

「お芝居の行動を示すことをト書きっていうんですけれど、ト書きの中で“自分を力一杯殴りつける”っていうト書きがあって、初めて自分を力一杯殴りつけました。カメラマンの助手さんが『久しぶりに人の殴られた音を聞いた』と言っていました。ゴッって。もう目の中で、パンって火花が散りました」

No image

俳優活動を行うにあたり、移住した山と撮影現場を行き来しているという東出。2012年に公開された映画『桐島、部活やめるってよ』で俳優デビューして10年。東出にとって俳優業とはどんな位置付けなのか。

ーー俳優業へのこだわりはありますか?

「お金を稼ぐ手段ですからね。『半農半X』という言葉があるんですけど、今の生活はそれに近いなと思います。半分農業をやりながら、その半分のXで、生きていくだけの金銭を稼ぐっていう。だから仕事があればやるけど、仕事がなかったら自然消滅引退みたいになるかもしれません」

ーー今、幸せですか?

「難しい事をおっしゃいますね。幸せを実感する時もあるけれど、もちろん今後を不安に思わない気持ちもないし、急に寂しさに襲われることもある。でも、それでも生きているから御の字じゃないかなと思います」

(『ABEMA NEWS』より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加