金谷拓実と石坂友宏が-13で並びプレーオフへ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/22

<国内男子ゴルフツアー:ダンロップフェニックス>◇最終日◇22日◇宮崎・フェニックスCC(7042ヤード、パー71)◇賞金総額1億円(優勝2000万円)◇無観客開催

最終組が18ホールを終え、ともにプロ転向後、国内レギュラーツアーでは3戦目の金谷拓実(22=東北福祉大)と石坂友宏(21=日本ウェルネススポーツ大)が、通算13アンダーで並び、優勝の行方はプレーオフで決まることになった。

1打差の3位で出た金谷は3バーディー、1ボギーの69、首位で出た石坂は3バーディー、2ボギーの70で回り、通算271で並んだ。石坂と並んで首位で出た大槻智春と、5位から出た稲森佑貴が、通算12アンダーで3位となった。

石川遼は通算9アンダーで8位、昨年優勝の今平周吾は通算5アンダーで27位となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加