郁文館 指揮官は元日本ハム投手“オオユキ”16強超えならず

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/08/02

◇東東京大会3回戦 郁文館0-2堀越(2020年7月31日)

郁文館は古豪・堀越に零敗を喫し、昨夏の16強を上回ることはできなかった。エース兼主将の古矢彩冬(3年)は「スライダーが甘く入った」と決勝打を浴びた6回2死の場面を悔やんだ。

元日本ハムの投手で無安打無得点を達成したこともある田中幸雄監督は「野球ってこんなものですよ」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加