巨人・桑田新コーチ 育成方法語る「潜在能力を最大限に」

巨人・桑田新コーチ 育成方法語る「潜在能力を最大限に」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/01/12
No image

オンライン会見に臨む桑田新コーチ(球団提供)

巨人は12日、球団OBの桑田真澄氏(52)が1軍投手チーフコーチ補佐に就任したと発表した。背番号は「73」。1月のコーチ就任は異例で、巨人を退団した06年以来、15年ぶりに古巣復帰となる。

1月に原監督からオファーを受けた桑田コーチは「本当にうれしかった。その一言につきます」と古巣復帰を喜んだ。

通算173勝をマーク。歴代屈指の名投手は技術はもちろん、卓越した理論を古巣の投手陣に“注入”することになる。

桑田コーチは「われわれの時代はたくさん走ってたくさん投げろと。今の時代はテクノロジーの進化で、投げているフォームをすぐにコマ送りで見られる、自分の感覚と実際の動きが一致することが大事。それをすることで彼らの潜在能力を最大限に発揮できる。少しでも多くの選手が活躍することを祈っています」と育成方法について熱く語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加