「獅子舞」ではなく「虎頭の舞」 北杜市で伝統の民俗芸能が2年ぶり披露

「獅子舞」ではなく「虎頭の舞」 北杜市で伝統の民俗芸能が2年ぶり披露

  • UTYテレビ山梨
  • 更新日:2022/09/23

2年ぶりの開催となりました。

【写真を見る】「獅子舞」ではなく「虎頭の舞」 北杜市で伝統の民俗芸能が2年ぶり披露

山梨県北杜市で22日夜、ある動物になぞらえた舞が披露されました。

笛や太鼓の音色に合わせて動く黒と黄色の縞模様の体。

北杜市白州町の台ケ原区に伝わる民俗芸能「虎頭の舞(とらがしらのまい)」です。

トラの頭としっぽを2人1組で操る舞で、この地区にある神社の秋の例大祭に合わせ地元の保存会が披露しました。

新型コロナの影響で2年ぶりの開催となり昨夜は台ケ原区の家を1軒ずつ回り玄関先で無病息災を祈りました。

90代女性:
これを楽しみにしているから、(見られて)良かったです。

小学生:
とってもかっこよくて、今度自分もやってみたいと思った。

この舞は来月開かれる台ケ原宿市でも披露される予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加