曲名で商標出願!?アリアナ、ビューティブランド設立の噂が浮上

  • コスモポリタン
  • 更新日:2021/06/12

ハリー・スタイルズ、ヘイリー・ビーバー、リアーナ、キム・カーダシアン、カイリー&ケンダルのジェンナー姉妹、そしてアリアナ・グランデなど、ビューティラインを手掛けるセレブたちのリストはますます長くなるばかり。

関連記事:数字で徹底検証! 世紀の歌姫アリアナ・グランデの半生

結婚したばかりのアーティストで、トレードマークのポニーテールで知られるアリアナ・グランデ(27歳)が新たに、ビューティ業界で自らブランドを立ち上げるセレブたちのリストに加わるとみられています。

ビューティ関連の情報を専門に扱うSNSアカウント『Trendmood』によると、アリアナは先ごろ商標を出願。その名称は、2018 年に発表したシングルと同じ「God Is A Woman(ゴッド・イズ・ア・ウーマン)」だという。

また、ミスト、ボディクリーム(ボディソフレ)、香水、シャワー&バスジェルなど、スキンケアからボディケアまで幅広いアイテムの商標登録が申請されているとのこと。

ただ、アリアナはすでに6種類の香水を発売しており、ビューティ業界に初めて「進出する」というわけではありません。2017年には香水の売上高は、1億5000万ドル(約160億円)以上にのぼったと伝えられています。

つまり、アリアナがこの噂されるビューティラインのローンチについて、大規模なビジネスを念頭に置いていることは間違いないといえそう。

一方、自身がおしゃれアイコンであるアリアナは、この業界で自ら帝国を築く以前に、ミュージックビデオを通じて関連ブランドにインスピレーションを与えているそう。

「ゴッド・イズ・ア・ウーマン」のミュージックビデオが発表された2018年、バスボムで知られるラッシュは、映像に登場するラベンダーカラーのバスを再現するバスボム「ゴッド・イズ・ア・ウーマン」を発売。当然ながら、この商品は完売しています。

アリアナがこれから世に送り出す商品にも、ラベンダーのボデイソフレなどが含まれるかもしれない!

※この翻訳は抄訳です。

Translation:Hearst Contents Hub

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加