【K-1】武尊が橋本実生は「“星”を持っている」と評価、自らの挫折の経験を語り「それを経験している選手は強い」

【K-1】武尊が橋本実生は「“星”を持っている」と評価、自らの挫折の経験を語り「それを経験している選手は強い」

  • ゴング格闘技
  • 更新日:2021/05/05
No image

2021年5月23日(日)東京・大田区総合体育館『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN』にて行われる、「K-1 WORLD GP 2021 K-1バンタム級日本最強決定トーナメント」に出場する橋本実生(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が、3日(月・祝)神奈川の所属ジムで公開練習を行った。

公開練習には同門の先輩でK-1 WORLD GPフェザー級王者・武尊も参加した。

No image

橋本は先輩・武尊とマススパーを披露したが、どう見ても遠慮気味。2分間を終えると武尊の方から「もっと上げた方がいいんじゃないの」とまさかのもう1R追加。今度はスピードを速めてパンチと蹴りを交換したが、2度目も武尊の方が手数が多かった。

公開練習を終えると、武尊は「気を使って出してなかったので。もっとできるかなって思って」と1R追加した理由を話す。橋本が「やりづらいですね。練習の時だったらできるんですけれど」と言うと、武尊は「本当のポテンシャルは試合の時に出すと言うことですね。出してくなかったんだなと」と笑った。

No image

「調子はいいです。もっと仕上げて最高まで持っていきます。3試合することに身体の面ではスタミナも心配ない。ただ相手(1回戦の大村修輝)がデビュー戦なので何も分からないので1回戦だけに集中します」と橋本。武尊からはトーナメントに関してのアドバイスは「まだ伝えていないです」という。

「練習の時は日々アドバイスしています。試合はその積み重ね。トーナメントはやるべきことや気を付けることはありますが、ワンマッチだと思ってやらないといけない。それなら普段の試合と一緒なので積み重ねていかないといけない。秘策はあとで伝えます」と、トーナメントだからと言って特別に何かをするわけではなく、日々の積み重ねが大事だと説いた。

No image

橋本はABEMAの企画『格闘代理戦争』でTEAM武尊のメンバーとして活躍したが、武尊は「あの時とは比べ物にならないくらい強くなっている。元々ポテンシャルは高かったし、若手の中でも練習を凄くやる。気持ちの面も強いし、まだまだ強くなる。デビューから躓いたが(2連敗)、それも強さに変わっていく選手だなって。順調に上がって行ったらそこそこまでしか行けなかったと思う。挫折を経験したからもっと高いところに行けると思う」と言い、「僕も6戦目でTKO負けして辞めようと思ったし、あの挫折を経験したので。あの時は何も楽しくない。生きてる心地がしなかった。実生もそれを経験しただろうし、ジムに来なくなった時期もあったから。切り替えようと思っても楽しくなかったと思う。それを経験している選手は強い。このトーナメントでその強さが出ると思う」と、自らの経験と橋本を重ね合わせた。

No image

実際、橋本は2020年10月からスタートした「第6代Krushバンタム級王座決定トーナメント」では決勝へ進出するも吉岡ビギンに敗れ、「本当に辞めようと思った。3カ月くらい練習もしてなくて、遊んでばかりいたんですが、全然楽しくないし、楽しいことしようと思ってもできんし、格闘技しかないと思って格闘技を再び始めました」と大きな挫折を経験。

No image

吉岡戦が特にショックだったのは、延長戦でどちらが勝ってもおかしくない内容だったにも関わらず判定で敗れたこと。「どっちが勝ってもおかしくないところで勝てへんかったから、今後やっていてもチャンスはモノにできんと、何回やっても無理だと思って辞めようと思いました」と振り替える。

武尊も「実生が勝っても良かった試合だったと思う。でも、そこで負けを付けられたのは格闘技の神様からの試練。ここで満足しちゃダメだぞって。ジャッジが違う人だったら勝ちだったと思うし、神様がいるのならいい試練を与えてくれていると思いました。もっと成長しないといけないぞ、と神様が言ってくれている」と思ったという。

No image

橋本は今となっては「ちょうど間隔が開いてよかったかなと。変わった感じがして休んでよかったなと言うのはあります」とプラスに捉えている。

会見では「橋本実生をぶっ飛ばしたいと思っていた」と鵜澤悠也(K-1ジム五反田チームキングス)から挑発されたが、「それに対しては嬉しいけれど何も意識してない。僕がやりたいのは松本(日向=1回戦で鵜澤と対戦)選手。2回負けているのもありますし、試合をやっている最中に強いと思ったのが松本選手なんですよ。その選手に勝ったら一番盛り上がるのでやって勝ちたいです」と、決勝で松本にリベンジを果たすのが理想だと話した。

No image

それについて武尊は「マークされていると言っても戦うのは3回なので、勝ち上がった選手に集中する。1回戦では1回戦の相手、準決勝では準決勝の相手に集中することがトーナメントで勝つコツ。ワンマッチの感覚でやらないと足元をすくわれる。次の相手も決まってない段階でどっちかと考えるよりも目の前の試合に集中する」とのアドバイス。自身もトーナメントの会見で小澤海斗に挑発されたことがあり、「小澤の時はイラッとしました(笑)」としながらも「思っていればやりたい相手が上がってきてくれる」とした。

橋本も「ああいうの初めてだったので。言い返したらもっと言ったろと思っていたのに、言い返したら大人しくなった」と笑った。

No image

そして武尊からは「実生は“星”を持っている選手だから、チャンピオンになったらもっと輝ける。それがあるからこのトーナメントは余計に勝たないといけない。2回負けていて悔しい思いをしているが、大きい舞台でやり返すための序章だった。そのためのトーナメント。実生の一番いい舞台になるんじゃないかと思います」と、このトーナメントで劇的に優勝するために松本戦での2連敗があった、とした。

橋本は「武尊さんにそう言ってもらえて嬉しいです。まだ結果も残せてないので勝たないと本当に終わりやと思っているので、何が何でも優勝します。一番盛り上げたい」と、改めて気合いを入れた。

ゴング格闘技

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加