「次の朝ドラ」も潰す「史上No.1酷評」『ちむどんどん』が犯した「3つの大罪」!!最終回でも終わらない「不幸な連鎖」

「次の朝ドラ」も潰す「史上No.1酷評」『ちむどんどん』が犯した「3つの大罪」!!最終回でも終わらない「不幸な連鎖」

  • 日刊大衆
  • 更新日:2022/09/23
No image

黒島結菜 ※画像はNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』公式ツイッターアカウント『@asadora_nhk』より

9月22日、黒島結菜(25)主演のNHK連続テレビ小説ちむどんどん』の第119話が放送された。

関連:■【画像】「胸くそ悪い」の声が大噴出した“『ちむどんどん』夫婦”暢子&和彦「カップル誕生」抱擁シーン!■

同回では、黒島演じるヒロイン・暢子と宮沢氷魚(28)演じる夫・和彦が久々の沖縄、やんばる里帰りを経て、同地に移住することが決定した。いよいよ9月30日の最終回に向けて進む『ちむどんどん』だが、フィナーレ間際となっても、その大炎上は収まる気配がない。

「暢子は東京・杉並で沖縄料理店を経営しているのですが、帰省のノリで移住を決めたことに、視聴者からは“身勝手すぎ”といった指摘が続出しています。

もはや怒りの声を上げるほどのことでもない気がしますが、なんでもかんでも炎上し、酷評が相次いでしまうのは、『ちむどんどん』が多くの視聴者から徹底的に嫌われてしまったから。だから、些細なことにもバッシングが及び、最終回直前のこのタイミングでも燃え続けているんですよね。

ただ、同作が炎上するだけならまだしも、『ちむどんどん』は今後の朝ドラに、そして出演者の今後にも大きな悪影響を及ぼしそうなんです。次の朝ドラ、10月3日から始まる、福原遥さん(24)主演の2022年度後期作品『舞いあがれ!』にも影響することは必至と考えられます。

『ちむどんどん』の史上ワースト大炎上が招いた事態は非常に深刻で、その不幸は連鎖していきそうです……」(テレビ誌編集者)

世紀の炎上作品『ちむどんどん』が犯した1つ目の“罪”は、「反省会」を肥大化させ、朝ドラ視聴における一つの“文化”にまで成長させてしまったことだという。

「SNS上、ツイッター上で多くの視聴者がドラマの内容を振り返り、ツッコミを入れる“反省会”自体は、これまでの朝ドラにもありました。しかし、『ちむどんどん』は全く共感できない展開や、通常では起こらないようなリアリティのないトラブルが続出したことなどで、ドラマの内容に疑問を持ち、文句を言いたい視聴者を爆発的に増やしてしまった。そうした視聴者が増えたことから、“ちむどんどん反省会”で鋭いツッコミをする人数も爆発的に増えて反省会は大盛り上がりに。そして、その指摘がまたバズり、話題になる、という流れができたんです。

毎朝、荒唐無稽な内容で視聴者を大いに刺激し、そのことでツイッターの“反省会”は大荒れとなる。そしてそこで出た意見、指摘が取り上げられてニュースになり、また盛り上がる――ということが、毎朝のように繰り返されていました。朝ドラの“反省会”を肥大化させ、“反省会含めて朝ドラ”という文化を作ったことは、やはり大きな“罪”と言えそうです。“バッシング文化”は、『ちむどんどん』終了後も続いていくものですからね……」(前同)

■黒島結菜を潰し、舞台の沖縄を「軽視」

2つ目の“罪”は、ヒロイン・比嘉暢子を演じた黒島結菜を“潰した”ことだという。

暢子はプロの料理人という設定なのだが、黒島のたどたどしい手つきの調理に「役作りが足りない」と猛ツッコミが入ったり、感情が揺さぶられているはずのシーンでも「表情の変化が乏しい」といった指摘がされたりと、主演女優としての資質を疑う声もあったが、

「ただ、そうしたこと以上にはるかに酷いのは、暢子のキャラクター設定でしょう。暢子はあまりにも空気が読めない“天然”で、基本的に自分勝手ですべて自己都合で行動する人。そのことで周囲の、たとえば飯豊まりえさん(24)が演じた大野愛などですが、好感度が高かったキャラクターを何人もひどく傷つけています。そのことで、多くの視聴者は暢子に強烈な嫌悪感を抱いてしまった。

そしてその嫌悪感が、暢子を演じる黒島さんへうつっていってしまったんです。役作りが足りない、感情表現が拙いなど、彼女の演技力に疑問を持つ視聴者がかなり増えてしまいました」(前出のテレビ誌編集者)

すでに、黒島がヒロインとして出演する10月期のドラマ、King&Prince平野紫耀(25)が主演する『クロサギ』(TBS系、10月21日開始、毎週金曜日夜10時から)への影響も無視できないほどになっている。SNSには、「この役暢子なのマジでむり」「クロサギ楽しみにしてたのに、暢子出よる。大丈夫かいな?」と、ネガティブな意見が続出してしまっている状態だ。

女優・黒島結菜の未来へも悪影響を及ぼしている『ちむどんどん』なのだが、ラスト、3つ目の“罪”は、「“沖縄返還50周年記念作品”と銘打たれた作品なのに、沖縄へのリスペクトが欠如していると感じられたこと」と前出のテレビ誌編集者は言い、こう続ける。

「作中、沖縄が本土に返還されたという描写は“バスの車体への垂れ幕”と通貨の変更くらいで、米軍統治時代や基地問題などは一切描かれませんでした。

さらに、視聴者からも“最も酷い”と怒りの声が上がっているのが、夫の和彦が沖縄戦での犠牲者の遺骨収集をする嘉手苅氏の話を聞いた後のシーンです。それは、“戦争で亡くなられた、被害に遭われた人々を軽視している”ともとられかねない演出、として話題になりました。

沖縄戦時、嘉手苅氏が砲撃から逃げる最中、手を引いていた少女の手を離し別れ離れになったたことを後悔し、戦後、その少女を探すために遺骨収集を続けているという壮絶な話が語られたのですが、和彦はその話を受けた直後、沖縄のきれいなビーチで、後に結婚する暢子に対し、“僕はこの手を絶対に離したくない。嘉手苅さんの分まで”と言い放ち、“手を離さない”という部分を利用して愛の告白をするという“トンデモ演出”となっていたんです。

“ちむどんどん反省会”には重箱の隅をつつくようなどうでもいいような指摘、また誹謗中傷とも取れそうな汚い言葉もあり、すべてが賛同できるものでは決してありませんが、このシーンに巻き起こった怒りの声には、“その通り”と感じましたね。あまりにも酷いストーリー展開でした。

次の朝ドラ『舞いあがれ!』は、長崎県の五島列島と東大阪市が舞台ですが、しっかりと舞台となった土地へのリスペクトも見せてほしい、と視聴者は期待しているのではないでしょうか」(前同)

9月30日の最終回後も、『ちむどんどん』の余波は大きそうだ――。

NHK大河『鎌倉殿の13人』和田義盛役の横田栄司「心身不調で降板」に「無理もない」同情の声!燃焼しきった過酷な運命と「小栗旬ヒドすぎ」の声

日刊大衆編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加