『ソー:ラブ&サンダー』ソーとジェーンの恋の行方は?タイカ・ワイティティ監督が意味深発言

『ソー:ラブ&サンダー』ソーとジェーンの恋の行方は?タイカ・ワイティティ監督が意味深発言

  • THE RIVER
  • 更新日:2022/05/14
No image

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『ソー:ラブ&サンダー』では、ジェーン・フォスターがムジョルニアを手に入れ、“マイティ・ソー”としてシリーズに帰ってくる。その活躍ぶりに期待が集まっているが、もうひとつ気になるのは、ソーとの恋の行方だ。果たして、描かれることはあるのだろうか?

天文物理学者のジェーン・フォスター(ナタリー・ポートマン)と、雷神ソー(クリス・ヘムズワース)は、『マイティ・ソー』(2011)にて運命的な出会いを果たし、やがてふたりは恋人関係へと発展。“アスガルド”と“地球”という桁違いの規模感での遠距離恋愛のなか愛を育むも、『マイティー・ソー バトルロワイヤル』(2017)では、そんなソーとジェーンが別れたことを示唆する台詞が登場していた。恋人関係が解消となった理由は定かでないが、『ソー:ラブ&サンダー』にてふたりのロマンスが再熱することを望んでいるファンも多くいるはずだ。

『ソー:ラブ&サンダー』を「スーパーヒーローと宇宙が登場する、愛についての映画です」と語るのは、前作に引き続き監督を務めるタイカ・ワイティティEmpireのインタビューにてワイティティ監督は、「僕がこれまで少し否定的だったものを受け入れ、ラブというアイデアを探求し、その愛を信じている登場人物たちを見せたいと思ったんです」と説明を続けている。

本作が愛を題材とした作品であることは間違いないようだが、それはいわゆる恋愛に限ったことではなさそうだ。ワイティティ監督は、「ほとんどの方は、クリスとナタリーのラブストーリーだと思うでしょうね」といい、「この映画で起こるだろうとみんなが思っていることが、実際に登場するとは約束できません」と話している。ジェーンとソーが再び惹かれ合い、恋人として復縁する可能性は低いのかもしれないが、“ふたりのソー”として共闘する姿には期待できそうだ。

映画『ソー:ラブ&サンダー』は、2022年7月8日に日米同時公開公開。

Source:Empire

Minami

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加