【マイルCS】ラウダシオン斉藤師「偶数番で良かった」/ねぇさんのトレセン密着

【マイルCS】ラウダシオン斉藤師「偶数番で良かった」/ねぇさんのトレセン密着

  • netkeiba.com
  • 更新日:2020/11/21
No image

追い切り後も順調に過ごしているラウダシオン(撮影:花岡貴子、2019年12月に撮影)

ラウダシオンがゲートで難しいところを見せるのは新馬の頃からですね。

「新馬戦と3戦目のもみじSではゲート先入れで入るのは大丈夫でしたが、中でソワソワしてしまいました」と斉藤師。

3歳になってからもクロッカスSではゲートの中で暴れていました…。気難しいのかな?と思いきや、厩舎で会うとめっちゃ人懐っこくて素直な馬なんですよ!レースでゲートにいくと少しソワソワしてしまうようです。

マイルCSでの馬番は3枠6番。後入れの偶数枠です。これに対して斉藤師も「偶数番で良かったです」追い切ったあとも順調に過ごしているとのこと。500キロを超える大型馬ですが、馬体重の調整も「思い通り」だそうで、臨戦態勢は整っています。

ラウダシオンの長所は「一生懸命走ってくれる」ところ。うながしてからスピードが乗るまで少し時間がかかりますが、その点は今年のマイルチャンピオンシップが京都ではなく阪神で開催されるのが有利に働くはずです。相手は強いですが、持ち前の長くいい脚を存分に仁川の舞台で使ってほしいですね。

(取材・文:花岡貴子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加