「女子が好きにならないわけがない...」ネクラ男子・宮村伊澄の意外すぎるギャップに女子メロメロ!?/アニメ「ホリミヤ」第1話

「女子が好きにならないわけがない...」ネクラ男子・宮村伊澄の意外すぎるギャップに女子メロメロ!?/アニメ「ホリミヤ」第1話

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2021/01/14
No image

(C)HERO・萩原ダイスケ/SQUARE ENIX・「ホリミヤ」製作委員会

2021年1月9日(土)に放送されたアニメ「ホリミヤ」第1話。地味な男子高校生・宮村伊澄の意外すぎるギャップを受けて、世の女性視聴者たちが「ギャップ萌え最高!」「あんなギャップの塊、女子が好きにならないわけがない…」とハートを鷲掴みにされているようだ。

同作は、クラス一のモテ女子とネクラ男子の恋愛&友情を描いた青春物語。ヒロインの堀京子は美人なうえ成績優秀、男女問わず慕われているクラスの中心的人物なものの、じつは家事や年の離れた弟の世話に勤しむ家庭的な高校生だった。いっぽう話題の渦中にいる宮村は、長髪・眼鏡・無口のネクラ男子。学校では地味なオタクだと思われていたのだが――。

事の発端は、ある日の放課後。いつものように京子が家事に追われていると、そこへ怪我をした弟の創太を見知らぬ男が送り届けにきた。

男は顔こそ端正な顔立ちだが、耳には大量のピアス。加えて口にもピアスを開けており、その口ピアスと耳をチェーンで繋いでいる。

一見派手に見えるこの男、じつは先ほど紹介した宮村本人。ここから徐々に彼の本性が垣間見えるようになり、たとえば夏でも冬服を着用していたのは体のタトゥーを隠すため。長髪だったのも、耳のピアスを隠すためだったことが判明する。

さらに物語中盤では華麗にフェンスを乗り越える姿もお披露目し、ネット上は大興奮。「何あの凄まじいギャップ…」「宮村くんの学校とプライベートのギャップが反則的!」などのコメントが続出した。

1話目にして、世の女子をことごとく虜にした宮村。ギャップ男子、恐るべし…。

■アニメ「ホリミヤ」
放送時間:毎週土曜24:30~(TOKYO MX)/その他放送各局による
原作:HERO・萩原ダイスケ
監督:石浜真史
出演:戸松遥、内山昂輝、山下誠一郎、小坂井祐莉絵 ほか

青春が詰まった“超微炭酸系”コミックは、こうして生まれた──アニメ『ホリミヤ』HERO×萩原ダイスケ原作者対談

ダ・ヴィンチニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加