慶大・新美 先発起用されV二塁打「ずっと試合に出たいと思ってやってきた」

慶大・新美 先発起用されV二塁打「ずっと試合に出たいと思ってやってきた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/11

◇第70回全日本大学野球選手権第3日 2回戦 慶大4―2和歌山大(2021年6月9日 神宮)

No image

<和歌山大・慶大>7回1死二塁、慶大・新美が左中間に適時二塁打を放つ(撮影・郡司 修)

慶大の「8番・左翼」で先発起用された新美が、チームを救う一打を放った。1―1の7回1死二塁から勝ち越しの左越え二塁打。「森田が力投していたので何とかしてやろうと思った」と笑顔で振り返った。

今春リーグ戦では先発出場がなかったが「ずっと試合に出たいと思ってやってきた。準備していた」と胸を張った。堀井哲也監督は「短期決戦なので調子のいい人を使った」と目を細めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加