韓国NSC開催で「強い遺憾」 再び対話呼びかけも

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/01/14

北朝鮮による飛翔(ひしょう)体の発射を受け、韓国政府はNSC=国家安全保障会議を開き、北朝鮮に「強い遺憾」を示すとともに、対話に応じるよう呼び掛けました。

韓国政府によりますと、NSCの参加者は今回の発射について「朝鮮半島情勢の安定に役立たない」と強調し、「改めて強い遺憾」を表明しました。

そのうえで、北朝鮮に対話に応じるよう促すとともに、関係諸国とも緊密に協議していくとしています。

会議の報告を受けた文在寅(ムン・ジェイン)大統領も、「北朝鮮の動向を綿密に注視し、関係省庁と協力して対処」するよう指示したということです。

前回2回の発射と同様直接的な非難はなく、北朝鮮を過度に刺激することを避けた形です。

韓国軍「日本海に向け2発」北朝鮮“弾道ミサイル”

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加