Billboard JAPAN Hot Animation(6/22公開)、Official髭男dism「ミックスナッツ」9週連続首位 再注目のnobodyknows+「ココロオドル」もトップ5入り

Billboard JAPAN Hot Animation(6/22公開)、Official髭男dism「ミックスナッツ」9週連続首位 再注目のnobodyknows+「ココロオドル」もトップ5入り

  • Musicman | 音楽業界総合情報サイト
  • 更新日:2022/06/23

2022年6月22日公開(集計期間:2022年6月13日〜6月19日)のBillboard JAPANアニメチャート“JAPAN HOT Animation”で、TVアニメ「SPY×FAMILY」のオープニング曲であるOfficial髭男dismの「ミックスナッツ」が1位に輝いた。

当週は前週に続いてストリーミング指標で1位を記録したほか、ついにカラオケ指標がAimer「残響散歌」(TVアニメ「鬼滅の刃」遊郭編オープニング)を抜いて1位にランクアップ。このほか、ダウンロードとTwitterが2位、ラジオと動画再生が3位と、各指標が引き続き好調で、首位の座を守った。なお、この9週連続アニメチャートトップは『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌であるLiSA「炎」に並ぶ記録となる。

2位は、初登場だった前週に続きAdoの「新時代(ウタ from ONE PIECE FILM RED)」に。ダウンロード、Twitterの2指標で1位を獲得しており、ネット上の注目度の高さがうかがえる。6月21日に、同じくAdoが歌唱する映画『ONE PIECE FILM RED』の劇中歌「私は最強(ウタ from ONE PIECE FILM RED)」もリリースされており、引き続き話題の中心となりそうだ。後ろには、3位にAimer「残響散歌」、4位に星野源「喜劇」(TVアニメ「SPY×FAMILY」エンディング)と、依然上位をキープするロングヒット曲が続く。

さらに今回、nobodyknows+が2004年5月26日にリリースした彼らの代表曲で、TVアニメ「SDガンダムフォース」のエンディング・テーマでもあった「ココロオドル」が5位にチャートインした。6月10日公開のYouTube「THE FIRST TAKE」、また6月20日放送の「CDTVライブ!ライブ!」でのパフォーマンスが記憶に新しいが、その影響を示すように、Twitter 4位、動画再生で堂々の1位を記録。ふたたび注目を集めている。

【JAPAN HOT Animation】トップ10

1位「ミックスナッツ」Official髭男dism
2位「新時代(ウタ from ONE PIECE FILM RED)」Ado
3位「残響散歌」Aimer
4位「喜劇」星野源
5位「ココロオドル」nobodyknows+
6位「Cry Baby」Official髭男dism
7位「怪物」YOASOBI
8位「逆夢」King Gnu
9位「一途」King Gnu
10位「クロノスタシス」BUMP OF CHICKEN

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加