衆院選投票用紙 鹿児島県内の市町村に発送 10月19日公示、31日投開票

衆院選投票用紙 鹿児島県内の市町村に発送 10月19日公示、31日投開票

  • KTSニュース
  • 更新日:2021/10/14
No image

鹿児島テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

10月31日に投開票となる衆議院議員選挙の投票用紙が14日、鹿児島県内の市町村に発送されました。15日までに県内のすべての市町村に届けられる予定です。

14日午前、県庁で衆院選の投票用紙の発送作業が行われ、小選挙区と比例代表の2種類、あわせて約269万枚の投票用紙が県内の各市町村に向けて発送されました。

県選管によりますと、投票用紙は、奄美群島の市町村には15日までに、それ以外は14日中に届けられるということです。

県選管事務局・坂元加奈子書記長

「各自治体に分刻みで到着の予定を決めて準備しているので、間違いのないように確実に届けたい」

衆議院は14日午後の本会議で解散され、その後の臨時閣議で衆議院議員選挙の日程が10月19日公示、31日投開票と決定される見込みです。

衆議院解散から投票までの期間は17日間で戦後最も短くなり、新型コロナウイルスが収束しない中での初めての大型選挙となります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加