愛媛の麦みそ騒動「国の基準変更望ましい」 知事、見直し要望へ

愛媛の麦みそ騒動「国の基準変更望ましい」 知事、見直し要望へ

  • 毎日新聞
  • 更新日:2022/11/25
No image

愛媛県宇和島市の麦みそを巡り、国の食品表示基準の見直しを求める意向を示す中村時広知事=県庁で2022年11月25日午前11時5分、鶴見泰寿撮影

愛媛県宇和島市の「麦みそ」が国の食品表示基準では麦みそと名乗れない問題について、中村時広知事は25日の定例記者会見で「地域の食文化を守る観点から、国の基準が変わることが望ましい」との見解を示した。県は大豆を使わずに造る宇和島市産品も麦みそと認めてもらえるよう、消費者庁に基準見直しを求める方針だ。

麦みそに「みそと名乗るな!」 老舗店あぜん

国の食品表示基準で、みそや麦みそは、大豆を使って造るものと定められているため、商品の外装に品名などを記す一括表示欄には「麦みそ」と表記できない。中村知事は、長く麦みそと呼んできた歴史や文化的な背景を重視した格好だ。

中村知事は会見で、「(国の基準変更に向けて)国と県との事務的なやりとりは始めている」ことを明らかにした。だが、見直しには時間がかかると見られ、県は現在、宇和島市の老舗麦みそ店と、一括表示欄内の表記をどう改善するかを協議している。

また、県が店に景品表示法違反に当たるとして「みそと名乗るな」と行政指導した後に撤回したことについて、中村知事は「地域の方や事業者に心配をおかけした。おわびを申し上げたい」と陳謝した。

瀬戸内地域などで造られる麦みそは一般的に大豆に麦こうじと食塩を加えて造るが、宇和島市などでは大豆を使わずに麦と塩で作る伝統がある。【鶴見泰寿】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加