松本潤、“嵐解散”の選択肢は「ありました」

松本潤、“嵐解散”の選択肢は「ありました」

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2022/01/15

嵐・松本潤(38歳)が、1月14日に放送されたバラエティ番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへSP」(TBS系)に出演。嵐を解散する選択肢があったと語った。

No image

その他の大きな画像はこちら

活動休止している嵐の今後について、中居正広が「活動休止ってことは、再開ってことがあるんだよね?」と質問すると、松本は「うん。可能性としては。いつということは明言していないので。できる環境が整ったら、する。でも、できるとも……ちょっとドライな言い方かもしれないですけども、確約はないという状態ですかね」と語る。

中居が「聞いていいのかな、どうだろう、解散というのはなかった?」と尋ねると、松本は「ありました」と答え、「最初大野(智)が『抜ける』と。『抜けたい、抜けて、自分は脱退してお仕事自体を辞めたい。嵐を辞めたいとかじゃなくて』という話を彼が言って。それだったらグループを4人で続けるというのは僕らは感覚的にないグループなので、だったら終わりかなと」と明かした。その後、メンバーで話し合う中で、活動休止というスタイルを取ってもいいんじゃないかという意見が出たそう。大野は自分から切り出した話なので活動休止という選択肢を選んではいけないという意志があったものの、事務所の働きかけなどによって大野も「そういう選択肢もあるんだなって本人が思って」とのこと。松本は「みんなが、それがいいと思うなら活動休止をさせてもらうのもありかなってなって、じゃあどういう風にそれぞれ思うかって話をして落ち着いたのがそこ(活動休止)でしたね」と話し、今も大野はジャニーズ事務所に所属していると語った。

Narinari.com編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加