中村倫也“青山”の色気とお湯を注いでる姿に歓喜の声!「癒やしでしかない」

中村倫也“青山”の色気とお湯を注いでる姿に歓喜の声!「癒やしでしかない」

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2021/04/07
No image

中村倫也が主演を務める『珈琲いかがでしょう』(テレビ東京系、毎週月曜23:06~)の第1話が、4月5日に放送された。インターネット上では、穏やかな声と甘い笑顔で2人の女性を癒す、青山一(あおやま・はじめ)役の中村が話題となっていた。

【動画】『珈琲いかがでしょう』の最新回を視聴する

原作は「凪のお暇」などで知られるコナリミサト著「珈琲いかがでしょう」(マッグガーデンコミックスEDENシリーズ)。移動珈琲店「たこ珈琲」を営む、中村演じる主人公・青山一が、街から街へ、行く先々で人生に少し傷ついた人たちの心を癒していく、優しくもほろ苦い人情群像劇。

青山(中村)が、移動珈琲店「たこ珈琲」開店1か所目に選んだのはオフィスビルの一角。そこには、誠実と丁寧がモットーのOL、垣根志麻(夏帆)が働いていた。ある日、仕事が評価されず、モヤモヤしていた垣根は「たこ珈琲」を偶然見つけ、試しに飲んでみると大感動! そこで真摯に珈琲と向き合う青山に、自分の不器用さをぼやくと「僕は好きです。そういう心がけ」とニッコリ。その日から「たこ珈琲」は垣根にとって癒しの場所となった。ある日、効率重視の仕事に切り替えた垣根の元に、以前から垣根の丁寧さを知る社長がやって来て、垣根の持ち味が生かせる業務を依頼した。さらに取引先が垣根の手書きのお礼状を心待ちにしていた、ということを知ると、垣根は認められた嬉しさから笑みが漏れ、帰りに「たこ珈琲」を楽しんだ。しかし、この夜を最後に青山は垣根の前から姿を消してしまった。

次に青山が選んだのは、とある団地の駐車場。その上では早野美咲(貫地谷しほり)が洗濯物を干していた。「こんな昼下がりの日は……死にたくなる」と下を見ると、そこに青山の笑顔があり、驚いた早野は下着を落としてしまった! 取りに行くついでに無難にカフェオレを頼んだ早野は「死にたくなるようなドラマティックな事が無い事が辛い」とこぼした。すると青山は「冒険してみます?」と早野をトラックで裏のインドカレー屋に連れて行く。そこで冒険して “激辛”カレーを食べる早野。そして、食後に “無難な”カフェオレを淹れた青山は、ひと摘みの隠し味を加えた。「さっきとは全然違う味!」と驚いた早野は、家に帰ると「ほんの少し変えるだけで世界はガラッと変わるのかも」と今日の出来事を思い返し「こんな夕暮れ時は……生きてるっていいかも」とほほ笑んだ。一方で、「長く1か所にいるとヤバいぞ」とインドカレー屋の店主に言われた青山は神妙な面持ちで珈琲をすすっていた。

ネット上では「これは期待通り間違いなく大好きになってしまうドラマ」「青山さんのスマイルで全米が泣いたよなこりゃ。私は召されました、しかも2回!」「中村倫也に珈琲いかがでしょう、って微笑まれたら珈琲買わない女性いる?」「中村倫也が癒やしでしかない……」「めちゃ好き……おもしろい……心に沁みる……」といった声で溢れていた。

次回第2話は4月12日放送。髪をピンク色に染めた大門雅(山田杏奈)が登場する「キラキラ珈琲」、東京で大門の世話をする礼(臼田あさ美)が登場する「だめになった珈琲」の2本が放送される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加