【2022年秋冬ショート】一度は憧れる大人のベリーショート。40代女性がぐっとおしゃれに見える4つのポイント

【2022年秋冬ショート】一度は憧れる大人のベリーショート。40代女性がぐっとおしゃれに見える4つのポイント

  • mi-mollet(ミモレ)
  • 更新日:2022/09/23
No image

コケティッシュでキュートなイメージのベリーショート、通称“ベリショ”に挑戦してみたい大人世代が最近増えています。とはいえ、いざ挑戦しようとすると「男っぽくなってしまうかも」「顔が大きくみえそう」など、二の足を踏んでしまう不安要素も。ミモレでも大人気のヘアサロンEMMAのNAOMIさんは「ベリショを女性っぽく見せるにはいくつかのポイントがあります」と話します。大人世代が失敗しない「ベリショ攻略法」についてまとめてみました。

クールだけど女っぽい。 NAOMIさんおすすめのベリショはこちら!

No image

サイドは耳を出し、前髪は眉上で短めに整えたベリショスタイル。カットテクニックとスタイリング剤で毛束感を出すことで、コンパクトなスタイルでも華やかさと今どき感ある印象に。担当スタイリストNAOMIさん(EMMA GINZA)

No image
No image

Side&Back
全体的に短くコンパクトな印象ですが、フェイスラインの曲線や緩やかに流れる前髪など、所々に女性らしいフォルムを潜ませると大人世代でも挑戦しやすいベリショに。

ポイント1 もみあげは長く、顔まわりは曲線を意識!

No image

ベリショを女性らしく仕上げたい場合、「前髪からサイドの角をつなげるようにカットする事と、もみ上げを少しだけ長く残すことがポイントです」とNAOMIさん。前髪からこめかみに向かって丸みを与えると、ショートヘアでも柔らかさが出てフェミニンに見えるそう。また、こめかみが短いとメンズライクになりがちですが、長さを残すことで遊びが生まれ、華やかさが加わります。

ポイント2 スタイリング剤を使って髪全体に束感をプラス

No image

ベリショの場合、毛流れに動きがなく平面的になると、どうしても素朴な雰囲気に見えてしまいます。そのため、スタイリング剤を使って髪全体に束感をプラスすると、おしゃれな雰囲気が高まります。このとき、きちんと前髪にもスタイリング剤をなじませましょう。フロントや前髪の束感がしっかり出ると、目元も引き締まって見えるので短めヘアでも顔がボヤけずメリハリのある印象に。

ポイント3 トップは引き上げながら根元側を起こしてスタイリング

No image

ショートスタイル全般に言えますが、トップはふんわりさせるとバランスがよく見えて素敵になるポイントとか。「大人になると毛髪が細くなることでペタッとしやすいのですが、そうするとハチ部分の膨らみが目立ってアンバランスに見えやすいです。タイト感を狙ったショートでない場合、トップは根元から引き上げるようにスタイリングをしましょう。ドライヤーの熱も根元に当て、スタイリング剤を付ける際も根元を起こしながらクシャっと揉み込むと、立ち上がりがついてきれいなボリュームに」(NAOMIさん)

ポイント4 メイクはナチュラルな中に女らしさをほんのりと盛る!

No image

無駄をそぎ落としたシンプルなヘアスタイルなので、メイクが薄すぎると地味見えする人も。「ショートスタイルはメイクをていねいに、そしてしっかりめのほうが華やかさがアップします」とNAOMIさん。眉をきちんと整えたり、まつげにマスカラをプラスするなど線のメイクを丁寧に行ったり、肌のムラをきちんとカバーすることで顔全体が締まってベリショヘアにこなれ感が生まれます。

秋風が心地よい今の時期、モードなファッションにベリショを合わせてクール系を狙うもよし、逆にロングスカートなどの女っぽいファッションを、ベリショで都会的に演出しても素敵です。ボブ&ショートが大人気の秋冬、ぜひ参考にして下さい。

Salon Data
• EMMA GINZA東京都中央区銀座2-10-11 マロニエ通り銀座館7F
tel. 03-6264-1134

撮影/古谷利幸
取材・文/小澤佐知子
構成/國見香

前回記事「【髪型ビフォーアフター】4人の育児で大忙しの40代女性が、都会的なワイドバングのボブに大変身!」>>

No image
No image

小澤 佐知子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加