スナフキンのモデルになった恋人との逢瀬やムーミン劇の様子も『TOVE』予告編

スナフキンのモデルになった恋人との逢瀬やムーミン劇の様子も『TOVE』予告編

  • シネマカフェ
  • 更新日:2021/07/21
No image

『TOVE/トーべ』(C) 2020 Helsinki-filmi, all rights reserved

もっと画像を見る

日本を始め世界で愛される「ムーミン」の原作者として知られる、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの半生を描いた『TOVE/トーベ』より予告映像が解禁された。

画家としてキャリアをスタートさせたトーベ・ヤンソンが、自身の人生を投影して生み出した「ムーミン」の物語。文学、コミック、舞台劇、アニメーションなど、今日においても色褪せることなく人々を楽しませ続けるムーミンのキャラクターたちは、いかにして育まれていったのか。本作はトーベ自身の人生のあり方を追いながら、その創作の秘密に迫っていく。

今回解禁された予告映像は、フィンランドに第二次世界大戦の戦火が及ぶ中、“ムーミン”を一心不乱に描き上げるトーベの姿から始まる。やがて戦争が終わりムーミンを描き続けるも、著名な彫刻家である父にはムーミンを“芸術”として受け入れてもらえずに、ぶつかり合うことに。そして父の作品を平凡だと言って、これまでの常識に捉われず自由な創作活動に没頭するトーベの姿が映し出される。

また、政治家・哲学者・ジャーナリストでありスナフキンのモデルになったとも言われる恋人アトスとの逢瀬や、パーティーで運命的に出会った舞台演出家ヴィヴィカとの甘いキスシーン、そして世界で初めて上演されたムーミン劇の模様や、<ムーミントロールの家族>、<スナフキン>、そして<トフスランとビフスラン>のイラストを描く様子なども切り取られ、芸術家として、そして1人の人間として自由を愛し、たくましく生き抜いたトーベ・ヤンソンの情熱的な人生が色鮮やかに映し出されている。

『TOVE/トーベ』は10月1日(金)より新宿武蔵野館、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開。

text:cinemacafe.net

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加