平野紫耀のバイク好きはホンダのおかげ? 子供時代のエピソードにファン「バイク教室に参加したんだ!」

平野紫耀のバイク好きはホンダのおかげ? 子供時代のエピソードにファン「バイク教室に参加したんだ!」

  • iza!
  • 更新日:2023/01/25
No image

本田技研工業の本社(東京都港区南青山)

King & Princeが出演する「Hondaハート」のスペシャルムービー「【Hondaの安全】#3 手渡しの安全」が25日、同プロジェクトの公式サイトなどで公開され、平野紫耀が披露した子供のころのエピソードがファンの間で話題になった。

「Hondaハート」とは、同社の企業理念の一つである「人の役に立ちたい」との想い(=ハート)を伝えるためのプロジェクトで、キンプリは2021年11月の立ち上げ当初からメッセンジャーとして登場している。

「#3 手渡しの安全」は、ホンダが取り組んでいるバイクやクルマの安全運転教育プログラムについて、5人のメンバーがインストラクターとの対話を通して伝える内容。プログラムの参加者に実体験を通して感じてもらう「安全の手渡し活動」など、国内外での啓発活動にかける思いを紹介している。

販売店や自治体などで行われている交通安全活動に、5人は「ちっちゃいころに集まって、なんか記憶にあるんだよね」「小学生のころ受けたことあるよね」などと回顧。親子で参加してルールやマナーを学ぶ「親子バイク教室」の紹介を受け、平野は「参加したことあります。鈴鹿(サーキット)で、親と…」と明かし、「これがあったおかげで、今の(自身の)バイク好きに繋がっているのかもしれない」と述べた。高橋海人が、同社の活動が更に普及することを願うと、平野は「すっごい思い出になるよ。俺、今でも鈴鹿で乗ってるの覚えてるもん」と興奮気味に話した。

平野の子供時代の思い出話に、ツイッターには「紫耀くんバイク教室のおかげだったんですね!しかも鈴鹿での!!」「子供の頃、鈴鹿で親子バイク教室に参加したことがある紫耀くんが大人になり、バイク好きになり、Hondaハートのメッセンジャーになって安全教育の大切さを伝えている!『手渡しの安全』繋がっていますね。すてきです」などと驚くファンの声が殺到。「平野紫耀くんのように、安全への取り組みが幼い頃の思い出と共にあるってすばらしいことですね」「平野くんの小さい頃に鈴鹿でイベントに参加して楽しかったというコメントを見て、自分たちも参加したいという家族や親子がどんどん増えて欲しいと思いました」などと願う声が相次いだ。

ほかにも「乗り物を作りその技術で安全を守るだけでなく、人への安全教育も欠かせない。真摯な取り組みに感銘を受けました」と同社の活動をたたえる声や、「子供の頃に自分も安全運転教育の授業体験を受けたことを思い出しました」と自身の体験談を語る人も見受けられた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加