第6回中国・ドイツ自動車会議、ベルリンで開催

第6回中国・ドイツ自動車会議、ベルリンで開催

  • 新華社通信
  • 更新日:2022/09/23
No image

第6回中国・ドイツ自動車会議、ベルリンで開催

20日、第6回中国・ドイツ自動車会議であいさつする中国の呉懇(ご・こん)駐ドイツ大使。(ベルリン=新華社配信/胡旭東)

【新華社ベルリン9月23日】ドイツのベルリンで20、21両日、第6回中国・ドイツ自動車会議が開かれた。両国の政府関係者や自動車業界関係者、学界の代表らが会場とオンラインで参加し、新エネルギー車(NEV)や環境に配慮したサプライチェーン(供給網)、イノベーション協力などについて話し合った。

No image

第6回中国・ドイツ自動車会議、ベルリンで開催

20日、第6回中国・ドイツ自動車会議の会場。(ベルリン=新華社配信/胡旭東)

ドイツ連邦議会の議員で前副議長のハンス・ペーター・フリードリヒ氏はあいさつで、両国の50年にわたる相互理解への取り組みと良好なパートナーシップが双方に多くのチャンスと価値を生み出してきたと指摘。自動車のスマート化が気候変動対策という共通の課題に新たな協力のチャンスをもたらす中、両国が環境に優しい世界を共に築き、自動車業界の新たな発展を真に実現することを願うと語った。

No image

第6回中国・ドイツ自動車会議、ベルリンで開催

20日、第6回中国・ドイツ自動車会議の会場。(ベルリン=新華社配信/胡旭東)

中国の呉懇(ご・こん)駐ドイツ大使もあいさつに立ち、今年が両国の国交樹立50周年に当たることに触れた上で、世界の主要経済国である両国の緊密な経済・貿易関係はグローバル化の縮図で、それぞれに利益をもたらしていると指摘。自動車産業は日進月歩で発展し、巨大な市場とビジネスチャンスを秘めており、双方は時代の好機を逃さず、既存の土台に立って、発展の共通認識を集め、意思疎通と対話を深め、手を携えて自動車産業の協力の美しい未来を築くべきだと述べた。

No image

第6回中国・ドイツ自動車会議、ベルリンで開催

20日、第6回中国・ドイツ自動車会議であいさつする中国の呉懇(ご・こん)駐ドイツ大使。(ベルリン=新華社配信/胡旭東)

複数の参加者が自動車の電動化やスマート化、持続可能な発展などのモデル転換に肯定的な見方を示し、今後も業界の発展法則に従い、環境配慮型の企業を育て、両国の協力を共に促進していくと表明した。

No image

第6回中国・ドイツ自動車会議、ベルリンで開催

20日、第6回中国・ドイツ自動車会議で演説するドイツのルドルフ・シャーピング・ストラテジー・ベラートゥング・コミュニケーション(RSBK)のルドルフ・シャーピング執行総裁。(ベルリン=新華社配信/胡旭東)

メインフォーラムの会場では「自動車経済・モビリティー技術展」が開かれ、両国の自動車メーカーが生産した新エネ車10車種余りが展示された。会議ではこのほか、浙江省の温州、嘉興各市、湖北省の襄陽市とオンラインでつながり、対ドイツ産業協力説明会も行った。(記者/張毅栄、黄燕)

No image

第6回中国・ドイツ自動車会議、ベルリンで開催

20日、第6回中国・ドイツ自動車会議で演説するドイツのルドルフ・シャーピング・ストラテジー・ベラートゥング・コミュニケーション(RSBK)のルドルフ・シャーピング執行総裁。(ベルリン=新華社配信/胡旭東)

No image

第6回中国・ドイツ自動車会議、ベルリンで開催

20日、第6回中国・ドイツ自動車会議の会場。(ベルリン=新華社配信/胡旭東)

No image

第6回中国・ドイツ自動車会議、ベルリンで開催

20日、第6回中国・ドイツ自動車会議で演説するドイツのルドルフ・シャーピング・ストラテジー・ベラートゥング・コミュニケーション(RSBK)のルドルフ・シャーピング執行総裁。(ベルリン=新華社配信/胡旭東)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加