中国が支援したセネガル相撲競技場を訪ねて

中国が支援したセネガル相撲競技場を訪ねて

  • 新華社通信
  • 更新日:2021/11/25
No image

中国が支援したセネガル相撲競技場を訪ねて

21日、セネガル相撲競技場の外観。(ダカール=新華社記者/李琰)

【新華社ダカール11月25日】アフリカ西部セネガルの首都ダカール近郊にあるセネガル相撲競技場は、中国によるセネガル支援プロジェクトで最大規模のもの。中国とセネガルの友情を象徴する同競技場は2018年7月22日、正式に引き渡され、地元のランドマークとなっている。アフリカ初の近代的な競技場で、延べ床面積が約1万8千平方メートル、収容人数は2万人。

No image

中国が支援したセネガル相撲競技場を訪ねて

21日、セネガル相撲競技場の外観。(ダカール=新華社記者/李琰)

No image

中国が支援したセネガル相撲競技場を訪ねて

21日、セネガル相撲競技場の内部。(ダカール=新華社記者/李琰)

No image

中国が支援したセネガル相撲競技場を訪ねて

21日、セネガル相撲競技場で試合をする選手。(ダカール=新華社記者/李琰)

No image

中国が支援したセネガル相撲競技場を訪ねて

21日、セネガル相撲競技場で試合をする選手。(ダカール=新華社記者/李琰)

No image

中国が支援したセネガル相撲競技場を訪ねて

21日、セネガル相撲競技場の外で、入場を待つ観客。(ダカール=新華社記者/李琰)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加