札幌GM ペトロヴィッチ監督を「代えるという考えは一切ない」

札幌GM ペトロヴィッチ監督を「代えるという考えは一切ない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/09/15

コンサドーレ札幌の三上大勝GM(48)は14日、前日13日の浦和戦(札幌ドーム)後にペトロヴィッチ監督(62)が自らの進退について言及したことに関して取材に応じ、クラブの考えを示した。

No image

札幌のペトロヴィッチ監督

ペトロヴィッチ監督は9戦白星なしという現状に責任を痛感し、「私自身は与えられた仕事を全うするが、どうするかはクラブが考えること」と発言。それを受けて三上GMは「監督を代えるという考えは一切ない」と明言した。

今季はチームのさらなる進化を図るため0トップやハイプレスなどに取り組み、内容自体は他クラブを圧倒する試合が多いと評価。全幅の信頼を寄せており、現段階では指揮官に全権を委ね、クラブの発展を目指すという方向性に変わりはない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加